【オリヅルラン】枯らしたって、めげません。植物好きはまた、育てるのみ

植物を育てたいけれど、枯らしてしまう

植物が人に与えるプラスの効果というのは、確かにあると思います。それは空気の浄化だったり、緑が目に優しいとか、香りが癒してくれるとか、世話をすることで心穏やかになるとか…いろいろです。

そんな中で、植物を枯らしてしまうために育てることをためらう人、いらっしゃいますか?

私なんて、「植物好き」と言いながらも、少なからずの植物をダメにしていることをここに告白します。実は、つい先日もオリヅルランを枯らしていたことが判明しました。

オリヅルランの植え替え

週末の植え替えラッシュ時のことです。「どれ、この枯れ枯れのオリヅルランも植え替えして心機一転、新芽が出るのを待つとしますか」なんて思って、鉢を引き寄せました。

オリヅルランは、原産地が南アフリカです。ということは寒さには弱いということです。そう分かっていながら、冬のベランダ(0℃)に出しっぱなしにする私です。そんなことすると、どうなるかというと、夏にあんなに美しかった地上部の葉が枯れます。

ご覧のとおり。

オリヅルラン

在りし日の姿はこんな。

オリヅルラン

でも、私には分かっていました。地上部は枯れても、丈夫なオリヅルランのこと。土の中では、プックリ膨らんだ白い根っこが脈々と生きているということを…。

というわけで「枯れた葉を取り除きがてら、植え替えしてあげましょう」という流れになったわけです。

それが、どうしたことでしょう。鉢から取り出したオリヅルランの根っこは、瀕死の状態。これは誤算です。

オリヅルラン

寒さと共に、水切れだったのでしょう。ダメにしたことを認めます。

実はもう一鉢あります。同じく、地上部が枯れていますが…

オリヅルラン

こちらは、根っこが元気です。水分を蓄えた白い根っこが何本もあります。

オリヅルランの植え替え

こちらを植え替えして、作業完了。こうして大幅に縮小したのち、再出発の我が家のオリヅルランです。

オリヅルラン

そうです。私、枯らしたってめげません。何度だって、育てますとも。植物の世話をする喜びと楽しみをかみしめて、今日も明日も植物を育てます。

ところで、枯らしたオリヅルランが植わっていた鉢は断捨離しました。こうして、鉢と植物の整頓を進めています。

植木鉢

pickup植え替えだけのつもりが、鉢数まで増えて【オリヅルラン】の思うつぼ
pickupオリヅルランが元気です。ボリュームを出すために細工を少々

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク