ちょっと待った!多肉植物を買うときには注意が必要ですよ!!

多肉植物

冒頭のタイトル、いきなり何ごとかと思いました?

もしや、「多肉が電磁波を発して、あなたを攻撃しますよ。」とか、「多肉を育てると、ベンピになりますよ」とか、はたまた「実は、多肉は地球外生物なんです」とか、これまでにない新事実が暴かれるかと思いました?

「多肉植物は地球外生物」発言に、笑いをこらえる私
ずら~っと並んだ、色とりどりの多肉植物 園芸店で、オシャレなカップルが多肉植物の鉢を選んでいました。何しろ、ずら~っと並んだ色とりどりの多...

ごめんなさい。それはないです。

でも、多肉植物を購入するときは、十分に、十分に注意が必要です。常々、私が気を引き締めていることです。

多肉植物

多肉植物の魅力

多肉を育てている方ならもう、お分かりでしょう。

プニプニした葉の触感、カラーや独特なフォルムのバリエーションの多さ。世話のしやすさ。小ぶりなものはそのコンパクトな姿がたまらなくかわいいですし、大きいものはその圧倒的迫力に虜になります。その種類の多さから、科や属ごとに分類する面白みもありますね。

そうなのです。多肉は、そのひとつひとつが魅力にあふれています。彼らはとにかく、セルフプロデュースが上手いのです。自分の魅力を十分にわかっていて、私たちを惹きつけてやまないのです。

なので私は、「家に植物を取り入れるとき、多肉植物を最初の一鉢に選んでみてはいかがですか?」なんて言いませんよ。

というのも、種類が多すぎて一鉢で済ますのは相当な自制心を要するからです。そればかりか、果てしなき多肉コレクション道に開眼する確率は、宝くじに当たらない確率といい勝負ではないでしょうか。(言い過ぎですか?)

多肉植物は、単体でもその姿を十分に楽しめますが、寄せ植えも素敵です。ギュッと詰めて寄せ植えしてあげるとそれがアート作品のように美しく楽しめます。

多肉植物の寄せ植え

おまけに、乾燥に強くて世話が簡単。水やりの回数は、月に1,2回程度でもちゃんと育ってくれます。なので、インテリアをデコレーションするアイテムとして取り入れやすいのです。

勿論、屋外でもOK。世話いらずな植物として、個性的な庭作りをアシストしてくれます。

多肉植物にはご注意ください

多彩な顔ぶれの多肉植物たちを間近で見た日には、思わず足を止めずにはいられないでしょう。その中のいくらかの方は、多肉のコレクション道に足を入れることになるでしょう。それはもう、「数」の世界です。

だって、目移りするほど豊富な種類。丈夫な生態。おまけに次々に品種改良されて、増えるバリエーション。そして目が肥えてくれば、自然、お値段の底上げもされてくることでしょう。

貴方は、とめどなくあふれる「多肉。欲しい~」という欲望に抗えないことを肝に銘じて、多肉ワールドに身を投じる覚悟はできていますか?あぁ、多肉。人を魅了してやまないその姿は、なんて罪作りでしょう…。

「で、結局のところ、君は多肉が好きなのか。そうでないのか?」と問われれば、「はい、好きです」なんです。

pickup盆栽鉢に植えた多肉植物の寄せ植え。かなり自由に育ってます
pickupいっそのこと、【グリーンネックレス】は一年草だと思いたい私です

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク