セロームの葉が世代交代、目玉模様ができるまで

セロームの葉が枯れる流れ

セロームは、熱帯アメリカが原産なので、日本の冬に葉が枯れるというサイクルではないと思っています。なので、単に老化のサイクルだと思いますが…時々、葉が落ちます。

名 前:フィロデンドロン セローム / ヒトデカズラ
科名・属名: サトイモ科・フィロデンドロン属
学 名:Philodendron selloum
英 名:Horsehead philodendron
原産地:熱帯アメリカ
水やり:土が乾いたら、鉢底から水が出るほどたっぷりと
難易度:★★★★★(初心者でも容易)
※難易度は、5つが容易。判断は、私が育てて感じた独断です。

セロームが、株の中心から新しい葉を出すと、既存の葉が外へ外へと押しやられ、倒れていきます。そうやって真横に伸びた葉は、何て言いますか「ワイルドで素敵!!」というよりは、幅を取って邪魔なのです。でも、そういう成長の流れなのですから仕方ありません。

セローム

とはいえ、横に押されて倒れてきた葉は、直に枯れていきます。葉の世代交代ですね。

古い茎は黄色くなってきて、水の供給が悪くなってきているのが分かります。するとそのうち、茎から葉が落ちるのです。

セロームの葉が枯れる

このくらいになっていると、手で引っ張ると、モサッ…と葉がちぎれます。

セロームの葉が枯れる

後に残るのは、長い茎の部分。黄色に変色した茎が、世代交代で枯れてきているものです。ハリもなくなり、しなだれてます。(2本あります)

1638

これも直に枯れ落ちますが、邪魔なので切るとします。セロームの茎は厚みがありますが、柔らかいですからね。茎をカットするときは、カッターナイフで済ませてしまいます。

1637

そして、切る時はカッターナイフの刃をガスコンロの火であぶって消毒しています。でもこれ、カッターナイフだからです。ちゃんとした剪定バサミを使う場合は、火であぶるのはよくないようです。鍛造品は、火であぶると、むしろ強度が落ちてしまうとか。ご注意ください。

セロームの茎を切る

チャッと茎をカットして、あとは放置。

10日もすれば、茎は完全に枯れて、引っ張れば簡単に取れる状態に。そして、目玉模様の出来上がり、というわけです。

セロームの茎が枯れる

このセロームが我が家にきて、早5年。だんだん、目玉模様が増えてきました。

にほんブログ村テーマ グリーンのあるくらしへグリーンのあるくらし
にほんブログ村テーマ 園芸・ガーデニングへ園芸・ガーデニング
にほんブログ村テーマ インドア&インテリアグリーンへインドア&インテリアグリーン

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする