セロームの育て方、基本情報

セロームの基本情報

セローム

一般情報

学 名:Philodendron selloum フィロデンドロン セローム
別 名:ヒトデカズラ
英 名:Horsehead philodendron
科・属名:サトイモ科・フィロデンドロン属
原 産:熱帯アメリカ

乾燥でハダニが発生します。ハダニは乾燥を好み、水を嫌います。なので、葉水をあげるといいです。

植替え時期は、5月~6月(7月迄)が理想的。目安は2年に1回くらいです。根の張りが早く、株が増えてきます。

世話焼き情報 (私が育てて感じた事)

水やりの頻度は、夏はほぼ毎日です。冬は3~4日ごとでしょうか。いつでも、土が乾いたら、たっぷりあげています。土の状態を見て水やり頻度を調整するのがいいと思います。

水不足でも、(葉がしなだれる等)のサインが見えません。そして、気付くと葉縁などが部分的に枯れています。枯れた部分はハサミで切り取ると、気にならなくなります。

また、ベランダに出して、日光をたくさんあげています。ただし、夏の強い直射日光は葉焼けしますから注意です。夏は明るい日陰に置きます。

私が育てているのは東海地方の平野部ですが、冬場の夜間は室内に入れています。もともと暑い地域が原産なので、雪には弱いと思います。

購入2年後に、鉢と株のバランスが悪くなって植え替えしました。土は、ホームセンターの培養土に赤玉土を半々で混合しています。

追肥は、緩効性化成肥料の粒を数個ばらまく程度で、あまり気にしていません。

暖かい季節に、株の中心から葉を出します。

セローム

新しい葉は、既存の葉より大きく高く成長し、小葉の切れ込みも深くなります。この新しい葉の成長は、古い葉柄を横へ横へと倒れさせます。

room

横に広がって、幅をとります。

古い葉は、いずれ黄色くなって付け根から枯れ落ちますが、あまりに葉柄が横に広がって邪魔な場合は、枯れる前に切り落としています。

付け根から5㎝の位置で葉柄を切り落とすと、2週間程で残った茎柄が付け根から枯れ落ちます。

セロームの葉が世代交代、目玉模様ができるまで
セロームの葉が枯れる流れ セロームは、熱帯アメリカが原産なので、日本の冬に葉が枯れるというサイクルではないと思っています。なので、単に老化...

3年のうちに、脇芽が1つ、子株が3つ出てきました。 脇芽や子株は、葉数が増えて豪華な株に見えますが、私はどれも株分けしました。

セロームの子株

家族、仕事場、友人宅へ嫁入りさせます(ました)。

セローム

脇芽を本体からはがし取った際は、濡れたティッシュペーパーで気根を湿らせつつ、はがしとった部分を10日程、室内乾燥させてから土に植えました。

株分けした子はどれも、健康的に成長中です。セロームは、とても(!)丈夫です。室内に置くと、インテリアがさわやかにイメージアップしますよ。

pickupセロームを、我が家のシンボルツリーにしたらどうだろうか
pickupセロームが泣く(葉から水滴を落とす)その仕組み

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする