盆栽鉢に寄せ植えした多肉のその後

寄せ植えした多肉植物たちの様子、見てくださいな

3週間程前に、盆栽鉢に多肉植物を寄せ植えしました。その時の様子は、こちらです。

盆栽鉢の多肉植物寄せ植えを植え替えしました
盆栽鉢に寄せ植えした多肉植物たち まずは見ていただきましょう。現在の様子です。 昨年12月の様子から、また変化しています。 ...

何しろ、徒長した茎をポキポキ折って、切り口を乾燥もせず、そのまま植え付けていきました。増えて、伸びて、散漫になった株たちを全部まとめた、ってわけです。

その寄せ植えの今の状態がこんな感じです。

盆栽鉢に寄せ植え

さすが、多肉植物。そして、いい季節です。皆、元気に育っています。この間、私がやったことと言いますと…、放置です。

育て方が難しいとか、工夫がいる植物のほうが、植物好きはやりがいの炎を燃やすか、というと、少なくとも今の私は当てはまりません。むしろ、難しい世話焼きや面倒な作業は、遠慮させていただきます。

世話いらずで簡単に育ってくれる多肉植物を大いに歓迎します。頑張らない園芸。なぜって、いまどきの人は、やりたいこと、すべきことが山積みですから。 私も例外ではありませんで…。

寄せ植えの多肉植物たち

では、植わっている植物たちをピックアップして見てみます。

左の子の名前を失念しました。子供も沢山育っています。右のほうに、朧月(おぼろづき)(ベンケイソウ科 グラプトペタルム属)が見えています。

多肉植物

虹の玉(ベンケイソウ科 セダム属)と、オーロラ(ベンケイソウ科 セダム属)が混ざってしまったようです。よし、とします。

虹の玉とオーロラ

まさに、徒長した茎をポキポキ折って、そのまま植え付けしたのですが、ダメージ感ゼロです。丈夫すぎです。

秋麗(ベンケイソウ科 グラプトペタルム属)の花も咲いています。

秋麗の花

こちらは、千代田の松(ベンケイソウ科 パキフィツム属)です。グレーイッシュな薄緑でしたが、色みが変わってきました。また、彫刻刀で彫ったような葉姿でしたが、角が取れてきた感じ。

千代田の松

七福神(ベンケイソウ科、エケベリア属)です。この子から伸びている茎の先、これがたまらない!!

七福神

七福神の花です。プラスチック製の造花のようなこの色、形。なんという完成形!!かわい過ぎで私、ノックアウトされました。

七福神の花

植物を育てるというのは、こういった成長や変化を目の当たりにして、楽しめるのが魅力ですね。そんなこんなで、我が家の多肉植物の寄せ植えは、元気です。
pickupちょっと待った!多肉植物を買うときには注意が必要ですよ!!
pickup【鉢】の話なんだか、【朧月】の話なんだか

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク