ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)君の何が、そんなに私を惹きつけるのか

実は、可愛がっている鉢

我が家の、他の植物たちの前では大きな声で言えませんが、実は、私が一番よく眺めている植物は、ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)です。

ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)

就寝前のひと時などに、鉢をクルクル回しては、上から、下から、シゲシゲと眺めています。

この子の何が、そんなに私を惹きつけるのかと言えば、その「フォルム」に尽きます。

そもそも植物は、日の光や水分を効率よく受けとるために規則的な葉序(葉のつき方・配列)や、樹形をしているのが自然だと思うわけです。

そこには、らせん構造黄金比という美しい旋律が見てとれて、実用を兼ね添えた自然界の芸術を見るわけです。

それがこの子、ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)は…、姿形に秩序の欠片もありません。

ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか) ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか) ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)

生物種の多様性と言ってしまえばそれまでですが、ことごとく、形態の構成リズムから逸脱してるんですよね。

ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか) ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)

とはいえ、予測不可能な成長姿が君の魅力、なのですがね。そんなわけで私は、この子から目が離せれません。

ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)

ところで、日頃の観察から、小さな葉っぱが出ている部分が成長点と見受けます。その部分で盛んに細胞分裂しつつ、分化して葉っぱになっているようです。

面白いです。やっぱり、目が離せれません。

pickupユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)、葉陰で暮らしています
pickup【ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)】の姿に、トホホな私

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする