【鉢】の話なんだか、【朧月】の話なんだか

ハンギング植物

ベランダに吊るしている多肉植物たちです。 でもこの時の私は、多肉植物を眺めているのではなく、鉢を見ていました。

  • この駄鉢、かなり年季が入ってきたなぁ…。
  • 多分、10年以上使っているんじゃないかな?
  • 表面がザラザラしてきて、水のカルシウムだか、白カビだかが覆っていて、 新品の駄鉢より、ずっと好きだなぁ。
  • 駄鉢は200円しないから、コストパフォーマンス的にも優秀だなぁ。
  • もし、今、新品の駄鉢を購入したら、 いったいどれくらいで年季の入った状態になるかなぁ。 (実験でもしてみるかな)
  • イギリスではヨーグルトを鉢に塗ってカビをはやして、経年劣化(っぽく?)させるって、何かで読んだことあるなぁ。 (本当かな?)
  • いっそ、我が家のベランダ園芸はこの駄鉢で統一させるのもいいなぁ。
  • 今度、【駄鉢】の記事をブログに掲載しようかな。 (ならば、撮影でもするかな)

そんな経緯で、吊るしている鉢をおろしてきて、iPhoneで撮影し始めました。

多肉植物

そしたら…、

  • あれ、いつも、後ろ姿しか見ていないけれど、【朧月(おぼろづき)】って、こんなに色白で綺麗だったっけ?
  • これって、実家からもらったものだよな。
  • ほったらかしなのに、綺麗だなぁ。いや、ほんと、美しいなぁ…。

グルッと、鉢を回して反対側も撮影。 (既に撮影の対象は、【鉢】ではなく【朧月】に…)

多肉植物

  • こっちはまた違う表情しているなぁ。
  • 青みのある薄灰色。かすかに秋冬の紅葉の名残が見られるなぁ。
  • フォルムも色も、綺麗だなぁ。
  • 植物ってほんと、綺麗だなぁ。
  • ため息でるほど、綺麗だなぁ。

…と、鉢のことも忘れて、朧月に感動してしまいました。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする