オススメの観葉植物は何ですか?と聞かれて選ぶ1鉢【その2】

以前、「オススメの観葉植物を1つ選ぶとしたら何を選ぶか」という話で、私はフレボディウム ブルースターを選びました。

オススメの観葉植物は何ですか?と聞かれて選ぶ1鉢【その1】
「観葉植物を1つ選ぶなら、何をオススメしますか?」 人からこんな質問を受けた時、私ならフレボディウム ブルースターをオススメします。 ...

今回は、その第2弾です。「次に選ぶ、オススメの観葉植物」は、ビカクシダ(コウモリラン)です。

ビカクシダ(コウモリラン)はこんな植物

名 前:ビカクシダ /コウモリラン
科名・属名:ウラボシ科・ビカクシダ属
学 名:platycerium
原産地:オーストラリア、東南アジア、アフリカ等の熱帯地域
水やり:水苔等が乾いたらたっぷりと。葉水も好きです。
難易度:★★★★☆(初心者でも容易)
※難易度は、5つが容易。判断は、私が育てて感じた独断です。

オススメする理由は、

  • 姿形がユニークで魅力的
  • 比較的、丈夫で育てやすい
  • 鉢植えだけでなく、ハンギング板付けができる

といった点です。

姿形がユニークで魅力的

ここでは、比較的入手しやすく、私が育てているビカクシダ ビフルカツムでご説明します。

画像で見れば、一目瞭然。ビカクシダは、その個性的な姿が魅力です。植物でありながら、アート作品のようなその容姿は、見ていても飽きません。

ビカクシダ ビフルカツム

比較的、丈夫で育てやすい

ビカクシダは、胞子葉)と、貯水葉)という2種類の葉からなっています。

ビカクシダ ビフルカツム

胞子葉)は、鹿の角のように広がる葉。字のごとく、育ってくると胞子を付けます。一方、貯水葉)は水を蓄える部分です。

どちらも、時期をずらして毎年、新しい葉が出てきます。貯水葉は、出てきたときは薄緑色ですが、じきに枯れて茶色になります。そんな旺盛な成長と変化の面白みが、育てる楽しみをくれます。

ビカクシダ ビフルカツム

原産地が熱帯地域ですから、寒さは苦手です。とはいえ、私が住む東海地方では、真冬以外はベランダの明るい日陰の壁に掛けて育てています。気温が下がってきたら水やりを控えることで、寒さの耐性もできると感じています。とはいえ、真冬の夜間は室内に入れています。

また、真夏の直射日光は強すぎて、葉焼けします。なので、明るい日陰のベランダの壁掛けが適当な位置と判断しています。

ビカクシダ ビフルカツム

水は、乾いたらたっぷりと。私は、通風パネルに固定させているので、通風パネルの裏面から水やりしています。

【ビカクシダ】水やりの課題をクリアしたのがこの形
夕方の外気温が20度を下回る日が出てきました。風が吹くと、「寒ッ」と身震いします。服装が難しい時期ですね。皆様も体調管理、気を付けてください...

また、春から秋の毎朝、霧吹きで葉水をあげています。去年はこの葉水と水やりが少なかったので、貯水葉の成長が悪かったのを実感しています。

鉢植えだけでなく、ハンギングや板付けができる

ビカクシダは、着生植物です。着生植物は、地面に根を下ろさずに、樹上などで根を張り生活しています。

なので、板付けは本来の姿に近い条件であって、十分育ちます。何にしても、ビカクシダのハンギングや板付けは、インテリアをステキに演出してくれますね。

まとめ

最近は、私の住む田舎の園芸店でもリドレイスパーバムなど、ビフルカツム以外のビカクシダが出回っています。欲しい品種があるならともかく、ビカクシダを入手するのは比較的簡単になりましたね。

育てていくうちに、子株が出てきますし、成熟した葉には胞子をつけることもあります。胞子で増やすことはまだやったことありませんが、子株を株分けして増やすことは簡単にできます。ビカクシダは丈夫なので、長く育てて増やしていく楽しみもありますよ。おすすめです。
pickup【ビカクシダ】子株を親株から切り離そうと奮闘している私の話
pickupビカクシダ ビフルカツムの子株、その後の様子

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク