果たして、ミントは収穫できるのか

ミントが刈られている…

とある週明けに出社してみると、会社の敷地が綺麗に草刈りされていました。夏前の第一弾として、大家さんが草刈機で雑草を刈ってくれた模様です。

草刈り、剪定、掃き掃除に、水まき…「手入れをする」というのは、たとえそれが、小さなベランダであろうと、あるいは、会社の敷地や公園であろうと、気持ちがいいものです。

というわけで、このところ勢いを増して育ち始めた雑草が一掃されて会社敷地が、サッパリしました。

ただ…、
敷地内で増殖していたミント、(実は、鉢植えの苗を私が敷地に植え放ったものですが)いわゆる、収穫を楽しみにしていたミントまで容赦なく刈られてしまったことに、心の中で泣いた私です。

  • フレッシュミントをお湯で割って、ほんのり甘くしていただくミントティー
  • 乾燥させたミントの葉を緑茶やウーロン茶に加えていただく、爽やかなお茶。
  • セロリを入れるように、ミントをスープに少し入れたなら味に深みがでるかしら(?)

そんな私の目論見が、バッサリ刈り取られたわけです。

…。

ところが、落胆したのもつかの間、あっけなく、なくなった(かに見えた)ミントは、 ほんの数週間で見事に復活を遂げ、今や、収穫を期待できる光明が射し、私に、その欲望を湧き立たせる程になりました。

ミント

恐るべし、ミントの生命力…。

とはいえ、この復活は雑草と共に成長しているのですから、早晩、大家さんが草刈機を持ち出して一掃するのも時間の問題でしょう。

ミント

その前に、ミントを収穫しなくては!!

収穫時期を見計らいつつ、予告なき2度目の草刈りまでに残された時間との勝負に図らずも緊張する私です。

pickupメダカの餌やりに関するトラウマが、メダカのおしりを追っかける破目になる
pickup【ギボウシ】タイムリミット目前!どうする!?今年こそ植え替えしようか

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする