我が家のジョウロは、Kalitaのステンレス製コーヒーポット3.0Lです

我が家のジョウロです

Kalitaステンレス製コーヒーポット3.0L

普段、ジョウロにはKalitaのステンレス製 コーヒーポット3.0Lを使っています。 (堅実な姿形が美しいです。)

日々の植物への水やりはもとより、冬はストーブの上にのせてお湯を沸かし、足湯に使います。 ( お湯を利用します。) 時には、花を活けて花器にもなります。メダカの水槽の水替え時にも重宝しています。

とまあ、飲食には使っていませんが、我が家の生活に溶け込んだ、働き者のコーヒーポットいえ、ジョウロです。

本当を言うと、憧れは、根岸産業(有)製の盆栽用 銅製如雨露(ジョウロ)です。

銅製英国式ジョーロ6号 英国型如雨露 斜口・直口 根岸 【smtb-ms】[如露 じょうろ 瀧商店]
ひとつ、ひとつ手作りされたこの如雨露は、機能性が追及されているのはもとより、その姿形の美しさといったら、胸がキュンッ♪と音を立てて鳴り、はぁ~♪とハート型のため息がでます。

この如雨露は竿の部分が長い為、水圧が均一にかかり、頃合いのよい水が降り注がれるそうです。これを使うと、毎日の水やりがたちまち、おごそかな儀式になりそうじゃありませんか。

更には、この水で育てた植物たちは、上品な子に育つと錯覚してしまいそうです。 (はぁ~、とまた憧れのため息…)

しかし、よもやこの如雨露をストーブの上に乗せて、足湯のお湯を沸かすには少々はばかられるので Kalitaのステンレス製 コーヒーポット3.0Lで満足しています。


ところで先日、このコーヒーポットいえ、ジョウロを使おうとしたところ見つからず、かなり焦りました。台所、リビング、寝室、トイレ…、何処にもありません。 (゚д゚lll)

確か、昨日まで普通に使っていたはず。あんなに存在感のあるものが、忽然となくなる不思議を私は、「誰かが、家宅侵入して盗っていったか?」の域まで、憶測の範囲を広げました。
(使い古しのポットを、いったい誰が???何のために???その割には、家の中の現金や貴金属を確認しない私です。)

ようやく見つけたのは、お風呂場でした。そうでした。シャワーの際、

「シャワーヘッドから出る、まだ温まっていない水を流しっぱなしにするのは、もったいない。」

と考え、毎日、植物に水やりをしている私は、

「このささやかながらも貴重な水を、ジョウロに溜めれば、翌日の水やりに使えるではないか!」

と思ったのです。そこで、ジョウロをお風呂場に持ち込んだことを、すっかり忘れていました。 (水を溜めて、そのままでした。)

こうして、家宅侵入されていないことを確認して安堵したしがないベランダ―の私は、今日もいそいそと、愛用のコーヒーポットいえ、ジョウロで植物たちに水やりをしています。

そして、「水は大切にしたいですね」という話でした♪

pickup私がLamy(ラミーサファリ)の万年筆を愛用する理由、その魅力
pickupモノは、自分の生活にピッタリはまると、満足度が上がるんだなぁ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする