【ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)】の姿に、トホホな私

あぁぁぁぁぁぁぁ…。 ll(-_-;)llllll

ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)

可愛がっていたユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)が、ある日突然、こんな姿になろうとは誰が想像したでしょう。私だって、夢にも思っていませんでしたよ。

夏前から、このユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)は、強い日差しでヤケドしないよう明るい葉陰で暮らしていました。

ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)

でもそこは、我が家のベランダの鬼門でした。 (方角としては、鬼門ではないですがね)
というのも、お隣の部屋のエアコン室外機から出た風が流れてくる
まさにその位置だったのです。
不幸にもお隣さんは、ほぼ24時間エアコンをつけるタイプ…。

酷暑が続く8月、
お隣では常時エアコンが稼働し、
私の可愛いユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)は、
その風の直撃を受けたわけです。

実は、もっと前から気づいていたのです。
風が当たっているな、良くないな、と。
なので、鉢の前にチリトリなどを立てかけて、
壁を作り、風除けにしていました。
それが功を成して、植物たちは元気だったので、
陳腐な処置法であることは一目瞭然にも関わらず、
油断したのがいけませんでした。

ある時、
何かの拍子に、チリトリが倒れてしまったわけです。

そして一晩、風に当たり続けた
ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)は、
こんなふうに萎びて、見るも哀れな姿に…。

ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)

救出後も、状態は悪化の一方。回復の見込みは、なし。

力尽きたユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)に、私は「ありがとう、さようなら」と声がけしたのでした。

ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)

在りし日の、ユーフォルビア・オンコクラータ 綴化(てっか)です。

落胆する私…。
でも、寂しさを紛らわす為に、園芸店に行くことは、今しばらく差し控えたいと思います。もう少し、反省します… (-_-)

【食事の記録】
とある日の食事

とある日の食事

  • 冷製うどん、バターナッツかぼちゃスープがけ

大量に作ったバターナッツかぼちゃのスープを食べきる為に。
スープの味は格別なのですが、うどんとの相性は疑問符…。(*’ω’*)

pickupもしや、グリーンネックレスって「放っておいてくれ症候群」?
pickup復活の兆し、オリヅルランはやっぱり強かった

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする