植え替えが必要ということは、植物を育てきた成果がでたということ

我が家の獅子葉谷渡り(シシバタニワタリ)です

シシバタニワタリ

四角い鉢に植わっているのですが、およそ5号鉢サイズです。冬の今は、水も極力控え目で室内置き。週末だけベランダで水やり&日光浴するのが日課です。

さすがに、新芽は出ていません。よくよく見ると、古い葉が枯れてきています。

シシバタニワタリ

世代交代ですかね。

シシバタニワタリ

こういった枯れた葉をきれいに取り除いてあげました。

枯れた葉をとり除く

日々のちょっとした手入れ。これだけで、ぐっと見栄えが良くなりました。

さて、このシシバタニワタリ。鉢と株とのバランスを見ると、春には植え替えの必要がありそうです。1月の雨降る日に、園芸計画リストを作りましたが、そこに「シシバタニワタリの植え替え」も付け加えておかなければ…

寒い季節は、1年の園芸計画をたてて楽しく家ごもり
2017年お正月は穏やかな天気で迎えましたが、今日は久しぶりに雨が降っています。私、冬の日の雨(&雪)は、どうにも苦手です。というわ...

シシバタニワタリ

ともかく、植え替えるということは、植物が育ってきたということです。それは、これまで育ててきた成果が出ているということ。嬉しいことです。

 

pickupアイビーの葉色を美しくした立役者【鉄力あぐりスーパー】
pickup植え替えだけのつもりが、鉢数まで増えて【オリヅルラン】の思うつぼ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする