ビカクシダ ビフルカツム親子の現在

我が家のビカクシダ ビフルカツムです

こちらは親。貯水葉が育ってきました。多少、水が少なくでも生き延びています。でも、水やりの際は、「たっぷりと」が基本です。この先、10年でも20年でも元気でいてくれそうな予感。それほど、ビカクシダって丈夫だと感じてます。

ビカクシダ ビフルカツム

そして、こちらがその子株です。親株に固定している通風パネルの裏から出てきました。

ビカクシダ ビフルカツム

え?通風パネルの裏って?何??って方は、こちらを読んでみてください。

【ビカクシダ】子株を親株から切り離そうと奮闘している私の話
なんだか、無茶な気がしてきたわ… と、半泣きが入っている私は、【ビカクシダ ビフルカツム】の子株救出作戦の只中でした。 日頃から...

やっぱり、切り離した際のダメージがあるので、その後の回復がとってもスローです。とはいえ、切り離しから早、1年以上。少しずつですが、でも確実に胞子葉が育っています。

ビカクシダ ビフルカツム

こうして自分で育ててみると、(当たり前ながら)植物が育つには、時間も必要だと思い知らされます。言い換えれば、大株の植物の価格は、こういう時間が値段に加味されているわけですね。

でも、ゆっくり育つくらいが、いいんじゃないかな。植物の世話にかかりきりにならない程度のスローテンポ。それくらいが暮らしも、植物の世話も、気負いなくできるから。

pickupベランダの壁のビカクシダの様子を見ていて、思い出した人
pickupオススメの観葉植物は何ですか?と聞かれて選ぶ1鉢【その2】

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする