ビカクシダを買いそうになる時、言い聞かせていること

仕事が17:00に終わるのですが、帰宅する際、日が驚くほど長くなったと感じて、嬉しくなります。季節は着実に流れて、進んでいますね。

ビカクシダ ビフルカツム

ベランダの壁で一日中、吊るされているビカクシダです。夜間は室内へ。

さて本題。
種類はビフルカツムが多いですが、近ごろは園芸店でもよく見かけて、ビカクシダが市場に多く出回ってきた感があります。

ご近所の園芸店でも、水苔玉にしたビフルカツムがいくつも売られていました。それも結構、大きくて美しくて、値頃感アリです。それを見ると、ついつい(どの株を連れて帰ろうか)、選び始めている自分がいます。

ビカクシダ ビフルカツム

いかん、いかん。
ここはいったん平常心を取り戻して、我が家の現状と今後のガーデニング方針を今一度、思い起こさなければいけません。

というのも今、私が感じているのは、ビカクシダは案外、大きくなる株が多いようなので、欲しい品種をしっかり絞り込んで、そして納得のいく株を手に入れよう。ってことです。 (あのボリュームが魅力でもあるのですがね。)

ビカクシダ ビフルカツム

ビカクシダを画像検索すると、人の身長を超えるような株があったりします。まさか、買ってすぐに巨大になるとは思いませんが (ましてや、すべての株がそこまで大きくなるとは思いませんが) 我が家のサイズと植物サイズのバランスを考えると 「計画は大事よ」と、自分に言い聞かせるのです。

ビカクシダ ビフルカツム

いえね、ビカクシダが巨大でも差しさわりない邸宅ならね、そもそも気にしないことですね

大丈夫。今はこうして植物を見る目を養って、いずれは、本当に好きな株を手に入れますとも。あ、もちろん今、我が家にいる子も大好きですよ。
pickupオススメの観葉植物は何ですか?と聞かれて選ぶ1鉢【その1】
pickup親ビカクシダ、子ビカクシダ、その後の様子

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする