フレボディウム ブルースターの鉢探し、そして植え替え

鉢

前回、この「遊んだ形状の鉢(略して、遊んだ鉢)」にフレボディウム ブルースターを植え替えようとしていました。

フレボディウム ブルースターの植え替えをしようとして気になったこと
お気に入りの植物、フレボディウム ブルースターです。 青みがかった、マットな質感の葉が美しいシダ植物です。この子、見るたびに成...

フレボディウムブルースター
仮置きしてみた様子

とはいえ、なんやかんやと悩んだあげく「遊んだ鉢」は、鉢カバーとして使うこととして、フレボディウム ブルースターを植え替える鉢を探していたわけです。

しかしながら…、仕事帰りに園芸店に行くのが億劫だ、だの。予定が入って、週末に園芸店に行くことが出来ない、だの。園芸店に行ったものの、「遊んだ鉢」の内寸を控えていなくて、塩梅のよい鉢が選べれない、だの。 お粗末な言い訳が並んで、なかなか計画が進みません。

その間にも、フレボディウムがグングン成長しているのは確かに、気のせいではないと感じていました。

あ、葉の裏に、胞子が入った胞子のうを持ちはじめています。(↓)
フレボディウム ブルースター
胞子のうは、じきに茶色になります。

そんなある日、ふと、ベランダに放置されていた鉢に目をとめました。そこにあったのは、9号鉢。フレボディウムが植わっているのは、7号鉢。二回り大きな鉢です。

フレボディウム ブルースター

あぁ、この鉢に植え替えしよう。何も、新しい鉢を買わずとも、「遊んだ鉢」に固執せずとも、家にある鉢ですませることにしました。

そうと決まったら、えいやッ!!と奮起して、夜中の室内にて、15分で植え替え完了。(あれだけぐずぐずしていたのに、やれば出来るものです)
フレボディウム ブルースター

無難に収まってしまいました???(既に、鉢サイズはピッタリというか…)

「遊んだ鉢」にフレボディウムを入れてあげることは叶いませんでしたが、鉢の数、モノの数が増えないですんだのでよかった、とします。

今、「遊んだ鉢」は、ウンベラータの鉢カバーとなっています。
ウンベラータ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする