耐寒性つけて、0℃の冬をサバイバルしたか?我が家のグリーンネックレス

植物は、育てずとも育ちます

「植物が好きで育てています。」

そうは言っても、人は都合がいい生き物です。忙しいと、植物をかまってあげる頻度が落ちるのは致し方のないことです。

「冬は暖かい室内に入れてあげなくちゃ」と思っていたものの、行動より、時間のスピードのほうが早かったです。ということは結局、部屋に入れる前に、ベランダで冬を越したグリーンネックレスです。これが、いま現在の様子です。

グリーンネックレス

撮影したのが朝の時間帯で青い光とはいえ、冴えない色をしています。12月のころと比較すると、その差も歴然。1月、2月の苛酷な寒さ、そして手抜き加減が言わずと知れて、お恥ずかしい限りです。

12月の様子です。さては、この時から植木鉢を1mmも動かしていないね。(そのとおり!!)というのがバレます。

グリーンネックレス

意外と元気かもしれない12月のグリーンネックレス。水やりが注意ポイントだなぁ
12月のグリーンネックレス 「お、調子がいいな」と思っていると、元気がなくなってきたり…。苦手意識が払拭されないグリーンネックレスです。9...

このところ、気温、日差しや空気感から春をはっきりと感じています。だからこそ、1月、2月は寒かった…。東海地方の我が家周辺は、雪がチラついたのはほんの数日でしたが、連日、朝の外気はマイナスを記録していました。そんな中、グリーンネックレスはベランダで過ごしたわけです。

でも、生きてます。

グリーンネックレス

冬の間は水をあげていなかったので、耐寒性をつけて寒さを乗り切ったのでしょうか。こうなったらもう、葉色の変化は耐え忍んだ勲章です。

とういうわけで、ズボラな世話焼きだって植物はちゃんと育ちます。そんな見本としてください。

pickupちょっと待った!多肉植物を買うときには注意が必要ですよ!!
pickupカランコエ【仙人の舞】は、寒がりです。2年間の成長変化&植え替え

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク