我が家の小さなベランダでは日々、ささやかなドラマが展開されているんだ…

朝、起き抜けに珈琲を飲みながら、ベランダのドアを開けてポ~っとしていました。

朝のコーヒー

すると、プ~ンと蜂が飛んできました。とても静かに、穏やかに飛んでいます。「あ…、蜂だ」と、目で追っていました。蜂は、壁に吊るした吊り鉢の裏に入っていきました。

吊るした鉢

しばし、沈黙の時間。

ん???隙間に入った蜂が出てこない。この状況って、もしかして?と思い、吊り鉢をそっとひっくり返してみました。蜂がいます。どうやら吊り鉢と壁の隙間で巣を作ろうとしている模様です。

蜂がプ~ンと飛び去ったのを確認してから、(申し訳ないですが)蜂の巣を壊しました。

「蜂は、壊された巣のあった同じ場所で、また巣を作り始めるだろうか?」そんなことを思いながら温かい珈琲をすする私。

私は、ベランダのドアのヘリにペタリと座り込んでいます。こうして低い目線から、ベランダに置いた植物たちの育ち具合を眺めて、そして青空を見上げるのが好きです。

ミルクブッシュ

あ、ミルクブッシュが新芽を出しています。我が家のミルクブッシュは、生まれ故郷のアフリカより苛酷な環境で生きていると思います。

乾燥しやすい土で、(吊るしてあるから)乾燥しやすい位置。おまけに水不足。それなのに、感心するほど頑張って生きています。すごいな…。強いな…(ミルクブッシュ)

その時です。ハラッと私の目の前にスズメがやってきました。70cm先のまさに私の目の前。ベランダのヘリに、1羽のスズメがおり立ちました。0.1秒、スズメと目があいました。そして、スズメがめちゃめちゃ慌てた顔をして、飛び去りました。

思わず、ニンマリした私です。なぜって、スズメは私のベランダに興味を示して降りてきたはずだから。(きっと)

隣近所を見渡しても、ここまで緑いっぱいのベランダは我が家以外にはありません。「お、ジャングルだ。美味そうなエサ(昆虫?)でもいるかな」なんて、興味をもってくれたのではないでしょうか。で、嬉しかったのです。

そっか。普段、私が仕事で家を開けているときも、この小さなベランダでは、数々のささやかなドラマが繰り広げられているんだな、と思いました。

朝、起き抜けに温かい珈琲を飲みながら、小さなベランダを眺めるのは、なかなかに楽しい時間です。

pickup会社で、私がせっせと草取りに励む理由
pickupたくましく暮らす植物たち。おかげでベランダは、ジャンクガーデンまっしぐら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする