【リドレイ】何故にこのタイミングなのかは、永遠に溶けない謎です

わッ…

その瞬間、心臓が凍り付いて、3秒後から「ドキドキ」が。
同じ「ドキドキ」でも「トキメキ」ではなくて、
ショックで氷ついた後の「ドキドキ」ですから、
正直、直視したくありません。

当事者は、ビカクシダ リドレイです。
夏中をベランダで過ごし、その日は久しぶりに室内に入れました。
そしたら、その晩に鉢をひっくり返しました。

…。 llllll(-_-;)llllll
ビカクシダ リドレイ
当事者 ビカクシダ リドレイ

あまりにショックだと、感情が麻痺してしまいますね。
起こった事実と、それにつながる感情の線をハサミで切ってしまう感じ。

鉢をひっくり返した際、
胞子葉が欠けただけならまだしも、
どうやら、胞子葉の根元から折れていますね。

この夏、スローペースながら胞子葉が育ってきて喜んでいました。
その時の話はこちらです。

ビカクシダ リドレイがお目覚めの様子で、嬉しい私
これまで、園芸店でどれだけお値打ちで、元気のいいビカクシダ(概ね、ビフルカツム)を見つけたとしても 「ぐっ…」と、こらえてきたのには理由があ...

ビカクシダ リドレイ
7月、胞子葉が出始めました。

ビカクシダ リドレイ
9月 まもなく、古い胞子葉が枯れ落ちます。

稼働しはじめたから、 喜び勇んでコルク板から、鉢に植え替えもしていました。
882
吊るすこともできるように、鉢裏には針金を通してありました。

ようやく、ここまで育ったというのに…
何でこのタイミングで、ひっくり返すかなぁ…。
なんとまあ、試練の連続だこと。
ビカクシダ リドレイ
果たして、ここからの復活劇というのがあり得るのかどうか、
私には皆目、検討がつきません。 (もう、運命にまかせますよ。)
しばらくはこの子、ブログ登場の機会がないかもしれません。 (あしからず…。(-_-;)

寒くなってきたので、鉢を移動させることが出てくるかと思います。
皆様も、大好きな鉢をひっくり返さないよう、お気を付けください。

pickup我が家のビカクシダ ビフルカツムに新しい展開
pickupビカクシダを買いそうになる時、言い聞かせていること

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする