観葉植物、最初の一鉢はこんな目線で選んでみてはいかがでしょう

観葉植物

観葉植物のあるくらし

くらしの周りに、植物があるってとても素敵です。観葉植物は空気清浄をしてくれるだけでなく、心理的にもリラックス効果があります。そして、私たちのストレスを軽減してくれます。部屋に植物を置くというのは、インテリア効果をよくするだけでなく、私たちにメリットのあることです。

では、初めての植物を選ぶなら、どんなことを気にされるでしょうか?

  • 世話が簡単
  • 丈夫で枯れない
  • 室内(日陰)でも育つ

そんな植物だったらいいな…。

これって結構、難しい条件ですよね。植物は基本、光合成をしますから日陰で育てるというのはむしろ、技術が必要かと思われます。

私が植物を育てている中で感じることは、植物の世話をすることで自分もまたリラックスしているということです。

give(世話)することで、更にtake(植物からメリット)を得ていると思うのです。なので、世話のかからないラクで簡単な植物を選ぶなんて、むしろ勿体ないことです。

とかなんとか言って、私だって(好きでなければ)世話の難しい植物をあえて選ぼうとは思いませんがね。

最初の一鉢を選ぶなら

いっそ、ある程度大きな植物を1鉢、選んでみてはいかがでしょう?自分が気に入った植物であれば更にいいでしょうが、少し育った状態ものを選ぶのです。

というのも、ある程度大きくなっていると根の張りも出来ていて、丈夫になっていると思います。そして、室内に置いたならいつでも視界に入ってきて、植物のメリットを存分に感じることができると思います。

それは、植物と共に暮らしているという満足感にもつながると言えます。ということは、水やりを忘れるということもないでしょう。

小さな観葉植物

一方、株や鉢が小さいと、土の乾きが早いので水やりの加減が難しいです。その結果、枯らしやすいのです。また、小さくて視界に入らず、その存在を忘れてしまった…なんてことになりかねません。

例えば、6号鉢くらいの植物を一鉢、部屋に取り入れてみると、植物の効果を実感できると思います。

それは、部屋がパッと明るくなって、落ち着く感じ。植物の緑色に目が癒される感じ。有機の存在がリラックスする感じ…などなど。そんな植物との暮らしを実感してみてください。

pickupオススメの観葉植物は何ですか?と聞かれて選ぶ1鉢【その1】
pickup好きな植物と暮らす。その気持ちよさ!ったら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする