ベランダの植物にも雨の影響。枯れた葉は取り除こう

雨の影響が、ベランダのミクロソリウムにも…

いやぁ、10月は「青空って、どんなだったっけ?」と思い出せないほど、よく雨が降りました。2週連続の雨降りの週末に、意気消沈の私。

そんな中、何をしようかと考えたところ、思いつくのは、部屋の掃除と植物の世話くらいなものです。で、この週末。台風22号の通過真っ只中、でも雨はまだ降っていない頃合いに、ベランダの植物たちを観察していたのです。

定期的に植物の観察をして、枯れたり傷んだ葉を取り除いてやるとそれだけで、見栄えが随分と上がるものです。

ミクロソリウム

この時もそのつもりで、ハサミ片手に枯れた葉先を探していたわけです。が…、それを見た瞬間、3秒、フリーズした私です。

それは、ミクロソリウムの鉢でした。

何を見つけたかと言いますと、枯れた葉にポツポツと現れる黒いモノ。そう、カビです。ご安心ください。よもや、カビの生えた枯葉を画像でお見せすることはありません。が、確かに、カビが生えているのです。かなり、ビックリしました。

ミクロソリウム

何故なら、鉢は常に外に置いてあるのですよ。ベランダのエアコン室外機の上。風通しだってあります。雨が直接あたるわけでもなく、通常、ここならジメジメ感ゼロのはず。

空気の入れ替えをしない締め切った室内ではないですよ。外です。外。それも、通気のよい場所。なのに、カビが生えるって、どういうことでしょう?

それだけ、連日の雨が響いている、ってことです。湿気がすごかった、ってことです。ちょっと、ショッキングでした。

でも、カビが生えていたのは、枯れた葉の部分のみです。元気な緑色した葉は全く問題なしです。元気な葉は、表面がワックス層でコーティングされていますから、カビだの、ウィルスだのの侵入から身を守ることができるのですね。

ミクロソリウム

というわけで、枯れた葉を取り除いて、見事に綺麗なミクロソリウムの出来上がりです。枯れた葉は、早いところ取り除くに越したことはありませんね。心したいと思います。

pickup緑の手を持つ私、なんて錯覚しそうです。一体誰が、ミクロソリウムを元気にしたのか
pickup水草としてよく知られているかな?ミクロソリウムが我が家に仲間入り

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする