Lamy(ラミーサファリ)万年筆、F(細字)にするかEF(極細字)にするか迷った貴方へ

ペン先を変えて、2本目購入

以前、Lamy(ラミーサファリ)が好きで、愛用している記事を書きました。

私がLamy(ラミーサファリ)の万年筆を愛用する理由、その魅力
私には、姪っ子がいます。彼女は、近い将来に成人式を迎え、その数年後にはきっと社会に出るだろうことが分かっています。 その姪っ子の成長を...

数年来、愛用しているのは、2014年の限定モデル ネオンコーラル F(細字)です。とっても書きやすくて、満足しています。特に手紙の宛名書きには太さがちょうどよくて、重宝しています。(ただし、水性インクだと水ぬれには弱いですね。)

ラミーサファリの万年筆

そしてこのところ、新しくもう1本を購入しました。手前のホワイト EF(極細字)です。

Lamy(ラミーサファリ)万年筆

ネオンコーラルは、黒インクでF(細字)です。ですが、青インクでEF(極細字)で書きたかったので、もう1本という選択になりました。

ともにステンレスワイヤー製のクリップはシルバーの通常仕様です。キャップ上部がネオンコーラルは黒。ホワイトは、グレーです。

Lamy(ラミーサファリ)万年筆

よく見ると、グリップ部分はキャップ上部と色合わせされています。

Lamy(ラミーサファリ)万年筆

では、ペン先の違いによる文字の太さの違いをご紹介します。こんな感じ。(あ、今気づきました。”ラミー”のはずが、”ラサー”って、書いてます…、失礼しました。)

Lamy(ラミーサファリ)万年筆

書き心地は、F(細字)のほうがいいです。インクがバンバンでて、滑るようにかけます。その分、インクの減りも早いですね。

一方、EF(極細字)の滑りが固いように感じるのは、使いこんでいないせいもあるかもしれません。でも、細いのでインクの減りはスロー。

F(細字)は、手紙の宛名書きに向く太さ。一方のEF(極細字)は、手帳に細かな文字を書くのに向いていますね。

というわけで、メインの用途を考えてみると、F(細字)か、EF(極細字)か、おのづと決まると思いますよ。
にほんブログ村

pickup私がLamy(ラミーサファリ)の万年筆を愛用する理由、その魅力
pickup今治タオル【白雲(HACOON)】をプレゼントされた母の感想