見惚れていたら、植え替えのタイミングを逃した【ギボウシ】

4月に入り、鶯の鳴きかたがメキメキ上達しています。そしてその音色が、森中いっぱいに降り注いでいます。私は、その声と交信することはできませんが、こうして毎日、聞き惚れています。


ギボウシが稼働しはじめました

4月前半、「今年も、ギボウシの芽が出てきたわぁ」と喜んでいたら…、(↓)

ギボウシ

一週間後には、驚くほどに葉が開きました。まるで、競うようなスピードで育っています。

1136

葉脈が陽の光で透けている具合や、青みがかった葉色の美しさ、しっとりした葉の質感に、うっとり見とれて過ごしている間に、ふと気づけば、植え替えのタイミングを逃した感が…。

ギボウシ

ここまで葉が育ってからの植え替えは、葉を傷めてしまうのは必須。思うに、5年以上植え替えしてない罪悪感にさいなまれながら、来年こそは、3月のうちに植え替えするぞ!!と、心に誓った私です。

というわけで、【ギボウシ】は丈夫ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする