植物も棚卸で、フレボディウムブルースターがお嫁入りしました

植物の棚卸

いったい私、植物をどれだけ育てているんだろう…。

そう思って、鉢の数を数えてみたことがあります。1年前かな、もっと前かもしれません。その時のメモが出てきたのです。

  • 植物が植わっている鉢の数は、46
  • 未使用の鉢は、22
  • 受け皿は、13

この数、多いと思われますか?たいしたことないよ、と思われますか?

住居やベランダ、お庭のサイズや条件によって、その答えは随分変わってくるとは思います。でも私は、自分のことながら「まだ、多いでしょう」と思いました。(以前、長屋暮らしていた時はこの倍以上ありましたが…)

植物カオスになる仕組み

植物を購入すれば、ビニールポットかプラ鉢等がついてきます。私は、買った植物は家にある鉢に植え替えします。かといって、プラ鉢は捨てない。だから、鉢数が増えるのです。

プラ鉢も陶器鉢も、腐りませんから。もうね、10年以上使っている鉢が幾つもありますよ。息が長いのなんのって。

鉢

とはいえ、自分なりのルールを持っています。

  • 植物を購入したら、ビニールポットはすぐに捨てる
  • 小ぶりな鉢は買わない
  • 植物を株分けして鉢数が増えたら、(あげるなどして)1鉢減らす
  • 今あるものを愛でること
  • 今ある数を把握すること

と言いながら、(魔がさして)抑えきれない衝動で小ぶりな鉢を手に入れる、なんてことを繰り返しながら…

切り高台の植木鉢

そんなこんなで現在、植物が植わっている鉢は35鉢になっています。

フレボディウム ブルースターもお嫁入り

もう一息、減らせないかな…と、目を光らせていたところ、目についたのがフレボディウム ブルースターでした。

フレボディウム ブルースター

フレボディウム ブルースターは、今年の4月に株分けしたものです。その後も順調に育ち、あっという間に株分け前の大きさに追いつきました。ってことは、あっという間に2倍です。

フレボディウム ブルースターの株分け
鉢植えの植物は、植え替えが必要です 我が家にフレボディウム ブルースターが仲間入りして、2年半が経ちました。現在の鉢は8.5号鉢。地上部の...

こうして、「株分けしたら、1鉢減らす」というMyルールにのっとってこの度、フレボディウム ブルースターがお嫁入りすることと相成りました。

お嫁入り先では、青い葉が美しいし、幅をきかせるほどよく育っていますから、とっても好印象で受け入れられました。

ならば、(大好きな植物が減った)今の私の気持ち?

ええ、平気です。だって、我が家に残ったもう1鉢のフレボディウム ブルースターが、再度、株分けを迫ってくることは時間の問題ですから。

こうして現在、我が家の植物は、34鉢となりました。目標は、精鋭5鉢。道のりは、果てしなく長いです。

pickupフレボディウムブルースターは、こんなところまで青いです
pickupフレボディウム ブルースターの育て方

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする