行く度に、何かしら起こるのです。これを「魔法の畑」と言わずして、何と言おう…

仕事後に、畑に水やりに行きました

この春から、畑仕事を始めた私です。そんなわけでしばらくは、ブログも畑の話が満載になる予感。(どうぞ、おつきあいください)

さて、平日は仕事をしている私です。なので、畑の手入れは週末にやることになります。畑は市民農園ですから、周りの土地も誰かしらが借りていて、耕している畑です。概ね、リタイヤ後のおじ様がたが占めていますが、中には若い夫婦もいます。

以前にも書きましたが、畑ではおじ様たちが何かと親切にしてくれます。私がいない間、「畑を耕しておいてあげようか?」なんて、超親切な申し出まであるくらいです。これってまるで、私は畑のオーナー状態。

「あぁ、ここに6本の畝を作りたいわぁ」と、大きな独り言を言えば、もしかしたら、翌週には畝が6本出来上がっていそうな勢いです。でも、ま、そこの辺りは丁重にお断りしまして、地道に土を耕している私です。

そんなわけで、「私は畑のオーナー」とは言いませんが、それでもここは「魔法の畑」と言えそうです。なぜなら行く度に、(まだ何も育てていないにもかかわらず)何かしらの収穫があるからです。

例えば…

  • 「これ食べてぇ」と、ホウレン草の束を、おばさまに頂いたり
  • おじ様からは、「お裾分け」と大根を頂いたり
  • タンポポの根っこを収穫して、タンポポ珈琲を作ったり
  • 畑の隅に生えているヨモギを摘んで、足湯に入れて使ったり

(ここまで、これまでの記事で報告済ですね)

まるで、私は畑オーナー。畑での出来事
週末は、少しばかり畑仕事 週末に、畑を耕しに行きました。(最近、市民農園を借りた私です) 私が借りた区画は、5m×6mのサイズ。前の人が...
週末は畑仕事。確かに、私の中には農耕民族の血が流れている
※本日は、幼虫画像が入ります。苦手な方はご遠慮ください。 畑仕事1年生の私 毎週末、短時間ではありますが、借りている畑に行って土起こしを...

そして、その後の話…、

  • 先日は、ツクシを収穫してきました。これは、数が少なかったので、みそ汁に入れていただきました。
  • そして、本日は、「よかったら、パクチー持っていくかね?」と、おじ様にパクチーをいただきました。

パクチー

「こんなに立派なパクチー、おうちで食べないんですか?」と聞くと、「育ててみたけど、お母さんが苦手だったんだよ」とのこと。そういう状況ならと、遠慮なくいただくことにしました。

ふはぁ~、パクチーって、タイの香り。旅の思い出が鮮やかに蘇ります。パクチー、大好きです。

実は、上の画像。画像に写るパクチーの後ろが私の畑です。、ほら、畝をようやく3本、作り終えたところです。それなのに、ぞくぞくと収穫物があるって、これはまさに「魔法の畑」ではありませんか。

実は、画像右上のほうに、セロリが植わっています。これは、実家からもらった苗。この水やりをしようと会社帰りに畑に寄ったら、パクチーをいただいて帰宅したというわけです。

ハッシュドビーフ、パクチー添え

早速、その晩は、ハッシュドビーフ(玉ねぎ、盛りっ盛り)の付け合せに、パクチーをいただきました。この後、パクチーをお代わりしたのは言うまでもありません。御馳走様でした!!
にほんブログ村