寒さに弱いオリヅルラン、今のところセーフです

夜の冷えが厳しいこの頃。ベランダに置いた植物たちのパトロールをしました。と言っても、ざっと見まわして、寒さに弱い植物たちをチェックです。

この時季、寒さに弱い植物は要注意

その筆頭に挙がったのが、オリヅルランです。鉢を持ち上げて見てみると…、セーフ。

オリヅルラン

葉先を枯らしているのは、多少の水切れ。寒さダメージはゼロです。オリヅルランは、寒さにあたるとあっという間に、溶けるように葉がしなだれて、ダメになります。

こんなふうにね。(あぁ…、残念な姿です)

オリヅルラン

これは、2015年1月に枯らした時の画像です。こうなると、この葉が回復することはできません。

そして、2017年春の画像でも枯れています。

オリヅルラン

どれもこれも、冬の寒さで葉を枯らしています。そう、オリヅルランは、寒さに弱いです

なにしろ、南アフリカ出身ですからね。

南アフリカは、年間を通して温暖。地域にもよりますが、首都機能を持つ3都市のひとつ、プレトリアは寒い時期でも10℃前後。年降水量は約500mm。東京の年降水量約1500mmと比べると、乾燥してますね。

こんなふうに、植物の出身地の気温、降水量を把握しておくと、世話焼きに多いに役立ちます。(なのに、なぜ枯らす…?、私。)

枯らして、翌年夏に復活、冬が来るとまた枯らして、夏に復活

そうなのです。オリヅルランに関して、「枯らして、復活」のサイクルを懲りずに毎回、毎年繰り返している我が家です。ということは、寒さには弱いけれど、オリヅルランそのものは強いともいえます

言い換えれば、ズボラな世話焼きさん向き、と言えますね。ええ、それは私のことです。

ちなみに、この記事の画像は、2015年~2017年の2年間をまたいでいますが、すべて同じ株です。

オリヅルラン

12月初旬現在、葉の色艶はOK。この先も、この調子でいってもらいたいものです。私の世話焼きも、この調子でズボラです。
にほんブログ村

pickupオリヅルラン、根が生きていれば復活しますね
pickup植え替えだけのつもりが、鉢数まで増えて【オリヅルラン】の思うつぼ

にほんブログ村テーマ グリーンのあるくらしへグリーンのあるくらし
にほんブログ村テーマ 園芸・ガーデニングへ園芸・ガーデニング
にほんブログ村テーマ インドア&インテリアグリーンへインドア&インテリアグリーン

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク