老犬だって、植物だって、驚かせてはいけないですね

子供の頃、雑種犬を飼っていました

迷い犬(子犬)を拾って飼ったので、サバイバル根性が抜けず、喧嘩ッ早くて困ったものですが、 体は丈夫で容姿端麗な犬でした。

それでも15年も生きると、さすがに老犬。眉毛やひげに白髪が混じり、耳が遠くなるのは人間と同じでした。

1日の長い時間を、寝て過ごすようになり、耳が聞こえづらいせいで、近づいても気づかず、何の気なしに、ポンと犬の背中に触ると、思いっきり驚かせてしまうのでした。

その驚きようを見ると、申し訳ない気分になり、「ごめんねぇ、驚かせてごめんね。」と平謝りしましたよ。なにしろ相手は老犬ですから。

で、話をどう持っていきたいかと言いますと…

このところ、水をあげて葉を枯らしている植物が出ています。アスパラガス スマイラックスです。つい先日まで、元気だったのが… (↓)

アスパラガス スマイラックス

久しぶりに水をあげたら、葉色が冴えなくなり、葉が枯れ始めました。(↓)

アスパラガス スマイラックス

同じく、ウンベラータも。(↓) 水をあげたら、葉が黄色くなって、枯れました。

ウンベラータ

2月のウンベラータは、気難しがり屋
ウンベラータの冬越し 冬の間、ウンベラータは室内管理できました。水やりも少な目です。ぎりぎりまで水を断って、それから水やりしている感じです...

いったい、どういうことでしょう??

冬の間、植物への水やりは最小限に控えていました。その間、彼らは(言ってみれば)冬眠状態に入り、じ~ッと、耐え忍んでいたのでしょう。

そこへ、なんの前触れもなく頭から水をかけられたわけです。それは相当、ビックリしたのではないかな、と予想します。

そういえば、ウンベラータを購入した際、植え替えをしたら、葉が枯れたことがありました。葉の一部が枯れたのは、環境の変化を察知して、かなり緊張していたのかなと思われます。

もしかして、ウンベラータって小心者?疑惑
今夜は皆既月食。19:00現在。月の欠けが進んでます。そして、夜空を音もなく進む飛行物体を発見。空から皆既月食を見るなんて、贅沢ですなぁ。 ...

というわけで、これらの現象を踏まえて、老犬だって、植物だって、驚かせるのはいけないね。と思ったわけです。
pickupアスパラガス スマイラックスを仕立てる
pickup寒い季節は、1年の園芸計画をたてて楽しく家ごもり

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする