南蛮煙管(ナンバンギセル)の思い出

南蛮煙管

季節は秋

秋なので、野趣に富んだ草花を籠に生けて…って、わけではありませんで。 (^m^*

よぉく見ると、ススキの影に南蛮煙管(ナンバンギセル)が生えている鉢です。(ナンバンギセルの花は、もう終わりですが。)

南蛮煙管「煙管(キセル)」そっくりの姿。

ある日、お店の山野草コーナーで南蛮煙管(ナンバンギセル)の鉢を見つけて、「あッ…」と立ち止まり、しばし、思い出に浸ってしまいました。


私たち生徒は、お茶のM先生のご主人を「男先生」と、呼んでいました。

男先生は、禅語や変体仮名に造詣が深く、お侍さんの時代に書かれた達筆な掛け軸をスラスラと読み、解説を付けて、しばしば教えてくださいました。

そして秋になって、ナンバンギセルの花が咲くと、「珍しい、面白いものだから」と言って、ご自身が育てているナンバンギセルの花を切って、お稽古を終えた私たちに持たせてくれたものです。

ナンバンギセルは、

  • 煙管(キセル=パイプ)にそっくりな形なので、その名前が付いたこと
  • ススキに寄生する植物なので、育てる時はススキと一緒にすること

を教えてもらいました。

帰宅した私は、いただいたナンバンギセルを増やせないかと、ススキを買いに園芸店に走ったものです。 (でも残念、育ちませんでした。)

その男先生も数年前に他界されました。今はもう、掛け軸の解説を聞くことができません。そんな中、ナンバンギセルを見てふと、男先生のことを思い出したわけです。

そうしたら、なんだか心が温かくなって、手に持ったこの鉢を元の棚に戻すに忍びなくて、
購入するに至ったのです。

時にはこんな、植物の買い方もしてしまいます。


あっ、天国の男先生、ちょっとお尋ねします。

ナンバンギセルは、ススキに寄生して栄養をもらうわけですから、私は、「ススキを育てるスタンス」でよいでしょうか???

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする