ウンベラータが芽を出して、生きようとしているのです

冬の間に葉を落とし、水と愛情不足から、先端部分まで枯らしてしまった我が家のウンベラータの話です。まさに「さようなら」の瀬戸際にいました。

その時の話はこちらです。(↓)

ウンベラータの剪定話にのれない私
「決心するのに、時間がかかったわ。」 「切る時は、かなり緊張したわ。」 K家で、ウンベラータの剪定をしたそうです。その時の感想です。 ...

その一方で、この子を剪定してあげたなら、また芽を出してくれるかしら??と思っていたところ、本人がその気配に気づいたのか、なんと、新しい葉を出し始めました。

まるで、芽を出すから、剪定してちょうだい。と訴えかけているようです。

ウンベラータ

というわけで急遽、剪定をしました。

よくよく見ると新しい芽は、以前、葉が付いていたすぐ上から出てきています。葉が枯れ落ちた跡(1)があるから、すぐにわかります。

ウンベラータ

これでこの先、この子が伸び行く姿が想像できるというわけです。

ウンベラータ

う~ん(どうしたものだか…)と考えて、見極めて…はい、パチンッと切りました。

ウンベラータ

幹は案外、柔らかくて (カッターナイフでは心もとないですが、)ハサミで簡単に切れました。

ウンベラータ

こうして我が家のウンベラータは、危ういところで命拾いをし、リベンジへの道を歩み始めたのでした。