名もなき君の鉢問題について

100円ショップで購入した、名もなきグリーン

水もなかなかもらえない過酷な我が家で2年以上、一生懸命生きてきました。(勝手に、多肉植物に分類しています)

何故に、これまでこんな扱いだったかというと、鉢と株とのバランスが悪くて、扱いに困っていたからです。

アガべ ジェミニフローラ

ビロ~ン

購入当初はせいぜい10cmの長さだった葉が、今では40㎝になりました。当初の予想に反して伸びてゆく葉は、床を這いつくばっています。

ヒョロ長のその姿は面白いけれど、それに見合う鉢を見極めきれず、収まりが悪く、自然、見て見ないふり。後回しにされてきたわけです。(斜めに植わってます)

たかが、お似合いの鉢がみつからないというだけで、放っておかれちゃうなんて、グリーン本人にしてみたら納得のいかない待遇で、不遇の時代が続いてきました。

でもこの度、万年青(オモト)の鉢に移してあげました。

アガべ ジェミニフローラ

スラリとした鉢に、ヒョロ長の君。相変わらず、葉を引きずっているけれど、以前よりずっと、お似合いだと思うよ。

名もなき君、これからも思う存分、ヒョロ長に育ってくれていいよ。

アガべ ジェミニフローラ


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク