サンスベリア バリーが寒さにやられて、こんなになってしまった話

瀕死のサンスベリア

あぁ…なんとも痛々しい姿。これをお見せするなんて、心苦しい限りです。

サンスベリア バリー

サンスベリア バリーです。

これまで、「トゲが固くて鋭いので、世話をするたびに痛いんです」と泣きごとを言っていていました。

【サンスベリア バリー】トゲのある植物を育てると、どうなるか
我が家のサンスベリア バリーです こうして画像でみると、どうでしょう。虎縞のような模様、葉の縁を彩る赤。葉が反り返る曲線…。か、かわいいで...

それが今では、当の本人が痛いことになっています。

サンスベリア バリー

寒さにやられちゃった、と思われます。

これなんてまるで、グツグツ煮立った壷の中で何種類もの(毒草、いえいえ)薬草を煎じて薬を作る魔法使いのおばあさんの指先みたいです。

サンスベリア バリー

振り返れば、この株を購入したのは2013年です。ということは4年以上育ててきました。それが、だんだんと枝葉を伸ばし、トゲをアチラコチラに向けて臨戦態勢を取るものだから、お手上げになっていたのです。

そんな、トゲの存在のせいで手に負えなくなったサンセベリア バリーの末路がこの姿とは、何とも後ろめたいものがあります。

でも、「ありがとう。さようなら」するかな…。
にほんブログ村