【リプサリス】を観察。植物にベタベタ触るのは、果たしてどうなんだろう?

リプサリスも、グリーンネックレスと同じ

最近、だんだん慣れてきました。何かって言えば、リプサリスの扱いです。要するに、彼は【放っておいてくれ症候群】です。これ、グリーンネックレスと同じです。

もしや、グリーンネックレスって「放っておいてくれ症候群」?
苦手意識満載のグリーンネックレス 昨年12月、グリーンネックレスをダメにした私は、自分には、グリーンネックレスは向いていないんじゃないだろ...

リプサリス

「可愛いねぇ」と、かまってあげて水をあげていると、あっという間に調子崩します。

思うに、リプサリスの様子が芳しくないのです
リプサリスの調子がわかりません やっぱり、水が多いかな…。 そう考えるのは訳があります。このところのリプサリスには覇気がなく...

「あれ?水、いつあげたっけかな?」ぐらいに、水やり少な目(ほぼストップ)で過ごしたこの冬。置き場所は、冬の間は室内。最近暖かくなってきたので、ベランダに置きっぱなしです。これで、そこそこ元気、落ち着いています。

まさにこれ、グリーンネックレスと同じ【放っておいてくれ症候群】と位置付けられます。

ズーム インして観察します

リプサリスをマクロレンズで見ていて、発見しました。部分的に、長い毛が生えています。毛の生え際が気孔なのでしょうか?そして、この毛は空気中の湿気を取り込んだりするのでしょうか?

リプサリス

マクロレンズって、虫の目線で面白いですね。新芽も育っています。

リプサリス

実は私は、なにかと植物に触る癖があります。花や葉のしっとり冷たい感じとか、柔らかさ、つるつる感…、植物それぞれに違う触った感じがあります。それが好きなのです。

リプサリス

でも、あまりさわり過ぎると植物の繊細な機能が傷ついてしまうのかな?と思いました。植物にとっては、迷惑なことかもしれません…。植物をマクロでみて、気づいたことでした。

でも、触るのはやめられないと思います…。

pickup葉が落ちる【リプサリス】。買った時が一番いい状態、という悲しさ
pickupお金も、植物の世話も、エネルギーの交換ということかな

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク