一体全体、我が家に元気な植物はいるのだろうか【1】

最近は残念な話、満載

自分でも感じています。

「ネオレゲリアが瀕死です」だの

瀕死のネオレゲリア リオ オブ リオ
葉色が優れず、痩せてきたネオレゲリア リオ オブ リオ 今年のお正月のネオレゲリア リオ オブ リオです。 しばらく前から「...

「ホテイカズラに見限られた」だの、

見限られたのは私のほう?【ホテイカズラ】が瀕死
寒波の時に、ホテイカズラをベランダに出したままにして、やってしまいました。 それは、寒さにやられてガックリ、肩を落としている姿そのもの...

「オリヅルランが冴えない」だの、

冬のオリヅルラン
オリヅルラン、半年の変化 去年夏に、元気に増殖したオリヅルランですが、 今はこんな感じ…。 寒さにやられたのか、水不足なのか、根...

最近の記事は、残念な話が多いわ…と。実は、残念な話ならまだあるのですが…。

「ならば、我が家で元気な植物はいるのかい?」と考えながら、晩酌の自家製 ブランデー黒糖梅酒をグビッと飲んだ際に上を向いたら、目に入りました。

ビカクシダ ビフルカツム

壁がけしたビカクシダ ビフルカツムです。この子は元気です。

気付けば、丸みがあった胞子葉は、スラリとした形に成長しています。2013年10月の購入時はこんなでした。

ビカクシダ ビフルカツム

胞子葉に長さが出た分、株にボリュームが出ました。最近はベランダに出す際、葉をひっかけないかヒヤヒヤしています。株が十分に成長したとしたら今後、胞子を付けるようになるのでしょうか。

それにしても成長したので随分、洗練された感じがします。あ。これって、人にも当てはまることではないかな。大人になると、子どもの頃の丸っこさがとれてシャープになって、あるいは柔らかさが出て、セクシーになる感じ。

となると…
いい大人な私がセクシーさに欠けるのはいったい全体、どう説明したらいいのでしょう。キャラの違い…としか言いようがありません…。(残念です)

【おまけ】

ビカクシダの子

パネル裏で育っている子株も順調です。

なんでクリップがついているかって?クリップで子株の貯水葉の成長を阻止しているのです。阻止している先で、別の子株が育ちつつありますから。無駄な抵抗でしょうか(??)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク