プラントハンギング移行計画

ドライほおずき

吊りものNo.001 ドライホオヅキ

悩ましいところです…

グリーンの鉢は増える一方。
なのに、それらをインテリアに活かしきっているとは言えない現状。
なので、今ある鉢を吊りものに移行していこうと計画中です。
では、ハンギング候補者をピックアップしてみます。

ビカクシダ。この子は、既に吊っています。

ビカクシダ ビフルカツム

吊りものNo.002 ビカクシダ

実家から株分けしてもらったオリヅルラン
プラスチック鉢で軽いし、長い葉がしだれるからハンギングに向きますね。

オリヅルラン

アイビーは、ハンギングの王道植物ですね。

アイビー

現在、鉢が陶器で重さがありますが、ワイヤープランツもハンギングOK範疇。

143

なんなら、フレボディウム ブルースターだって吊れます。

フレボディウム ブルースター

ヒョロ長のこの子だって、ぶら下げたほうがむしろ、素敵かも。

105

次に、ハンギング方法を考えてみます

  • マクラメ編みプラントハンガーを作るとか
  • 100円ショップのハンギングプラ鉢に植え替え(色もヌリ変えるかな)
  • 鉢は今のままで、鎖で吊るとか
  • 素焼き鉢に穴をあけることはできないかな? etc.

おまけに、吊る場所も考慮して、各々の方法を考えないといけません。
ただ今、それぞれに考察中です。 また報告します。

PS:その後の話、プラントハンギング移行計画【1】は、こちら(↓)です。まずは、マクラメ編みプラントハンガーを作りました。

http://sewayakigreen.com/plant-hanging-02

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク