おろしスプーン、これ欲しかったんです。手に入れてハッピーです

生姜をすりおろすって案外、面倒くさいんです

私は生姜が好きで、料理によく使います。なので、無農薬の生姜が手に入ったら、親指の先サイズに切って、ジッパー付ビニール袋に入れて、冷凍保存しています。で、手軽に利用しています。

1653

この生姜の欠片を使う際、包丁でスライスしたり、細かく切って使っていたのですが、これが結構、面倒くさいのです。小さな欠片なのでスペースは取りませんが、包丁とまな板を使います。使えば、洗う作業が出ます。ほんの少し、生姜を使うだけなのに…。

あるいは、大根おろしについている小さなおろし金の部分、あれで生姜をすることができます。この場合も、使った部分はほんの少しなのに、大根おろしをまるまる洗うことになる…。(面倒くさいのです。)

なので、専用の生姜おろしが欲しかったのです。それも、スプーン型のもの。ただし、ひとつの用途にしか使わないモノを増やすことに、抵抗がありました。モノが増えるなぁ…と。でも、これは杞憂でした。

これが、スプーン型のおろし「OROSHI SPOON」

OROSI SPOON

その名もOROSHI SPOON

キャッチコピーのまんま、「スプーン+おろし金」だから「おろしてそのまま、混ぜられる」優れものなのです。

OROSI SPOON

使い方の例として、ジンジャーティーが紹介されていました。このOROSI SPOONで生姜をおろしたら、そのまま紅茶の中に入れてかき混ぜるだけ。簡単です。

OROSI SPOON

また、OROSI SPOONで生姜をおろしたら、そのまま食卓へ。そんなデザイン性も併せ持っています。(シンプルで美しい…)

サイズは、約全長165mm×幅40mm。(ラーメンや、中華料理を食べる際の)レンゲに似たサイズ感です。ただし、レンゲほどの深さはないです。

材質は、ステンレス鋼(クロム18%)。持ってみると納得する、しっかりした作りです。

そして食洗機OKの、Made in JAPANです。

OROSI SPOON

早速、使ってみました

OROSI SPOONで生姜をすって、味噌汁の中に入れました。

OROSI SPOONで生姜をおろす

使ったのは冷凍生姜でしたが、難なくすりおろすことができました。OROSI SPOONは、小ぶりながらもしっかりした作りです。なので、使っているうちにスプーンの形が崩れる(?)なんていう心配には、まさか思い至りません。

そして、このOROSI SPOONの素晴らしいところは、スプーンであることです。生姜をおろすと、どうしたって、いくらかの生姜がおろし金に残ってしまいます。

OROSI SPOONで生姜をおろす

でもスプーンなので、味噌汁などの汁物の中に入れてかき混ぜてしまえば、キレイに取れます。生姜の無駄もでません。汁ものの中ですすいで、ある程度キレイにしておけば、洗う際にストレスフリーなのです。

そしてお次は、生姜をたっぷり効かせた豚丼。

生姜が効いた豚丼

OROSI SPOONで生姜をすったら、そのまま鍋をかきまぜて調理道具扱いです。

ちょっとだけ注意

パッケージ裏の取扱い注意事項に、

使用前に食器用洗剤で洗ってからお使いください。

とあります。製造時の油等が残っている可能性があるのでしょうか。でも、これはステンレス製品にはよくある使用前のお願いですね。

湿気の多い場所で保管したり、塩分・酸を含んだ汚れがついたまま放置しないでください。サビが生じる場合があります。サビが生じた場合はクレンザー等で軽くこすり落としてください。

これも、ステンレス製品にはお馴染みの注意ですね。過度に神経質にならずとも、普通に丁寧に扱えば、問題のないことだと思います。

あとは、スプーン型なので調理中に味見がてら、思わずOROSI SPOONでお料理を口に運びそうになるかもしれません。でも、それは危険(!!)です。

というわけでOROSI SPOON、フル活用しています。

pickupモノは、自分の生活にピッタリはまると、満足度が上がるんだなぁ
pickup植物を育てたい!でもワケあって無理。それならこんな選択肢もありでは

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする