植物の引っ越しは大変。梱包、移動、そして新居での注意点

植物の引っ越しは一大事です

昨年末に引っ越しをしまして、バタバタしていました。そんな中、植物の引っ越しが、これまた大変でした。何がって…

  • 重いです
    植物たちは土とともに鉢に植わっています。日々の世話焼きの際は、持ち上げることも少ないでしょうから気にしません。でも実は、かなり重いわけです。
  • 落とすと割れます
    陶製の鉢に植えている場合、落とすと割れる心配があります。となると、扱いも慎重にしなります。
  • 数があります
    お気に入りの植物たち。ひとつひとつ増やしてきたけれど、気付けばこんなにッ!?と、驚くのはまさに引っ越しのその時です。
  • 取扱注意です
    植物は、小さくたたんで箱にギュッと詰め込んで…、なんてことが出来ません。葉や茎を痛めないように、梱包・移動に気を使います。触る度にポロポロと葉を落とす多肉植物などは、やらかす度にヒヤヒヤします。

そうなのです。植物の引っ越しは重いしスペースを必要とするし、取扱注意なのです。大変なのです。えぇ、大変でした。

新居でも要注意

そうして、なんとか新居に移動させた植物たち。その後しばらく、荷物の整理に追われていました。なので、植物の世話は後回し状態。玄関前にひとまず置いたセロームも然り。

で、ある日。

ふと見るとセロームが変です。あぁ…、年末年始の寒さでやられてしまいました。ダメになるときは、あっという間ですね。とほほ…

セローム

何しろ、セロームの原産地は熱帯アメリカ。温かい土地です。寒さにあててはいけなかったわけです。確かに、南米旅の際、セロームが野生で生えていたのは温かな土地でした。

南米は、かくも観葉植物の宝庫だった!
5月半ばから12日間ほど、 南米はペルー、ブラジル、アルゼンチンへの旅行に出ていました。 旅のメインイベントといえば、 【イグアスの滝...

引っ越しというのは、ドタバタで行き届かない点がでますね。そんな時、被害を被るのは案外、植物たちです。声を出して訴えてきませんからね。

だからこそ、引っ越し時は、腐らない本やお皿を片付けるよりも、植物たちにまず気を配ってあげること。冬は寒さ対策。夏は、水やり。これ、大事かと思います。ダメにしちゃった私からのアドバイスです。

さて、ダメにしちゃったセローム。時間をかければ復活するかな(?)いずれにせよ、これから再出発。一体どれだけかかることやら…。

セロームの育て方、基本情報
セロームの基本情報 一般情報 学 名:Philodendron selloum フィロデンドロン セローム 別 名:ヒトデカズラ ...

にほんブログ村