ドライハーブの出番。今シーズンはほぼ、なしでした

ガラス瓶に入って、スタンバイ中のドライハーブ

それは、台所のHBホームベーカリー横。ガラス瓶に入って、いつでも使える状態になっています。

ドライハーブ

中身は何かといいますと…。ドライミントとドライセージです。

ドライハーブ

ミントは、会社の敷地に放したものが大地に根を生やし、増殖し続けているものです。その一番いいところ、柔らかな葉の部分を摘み取って、ドライにしています。

イノシシも興味なし。はびこるミントは、こうして活用
会社の空き地スペースではびこるミント 会社空地のミントの話です。 このミント。もともとは、私が鉢植えで育てていたものです。でも、鉢植...

そしてセージは去年、畑の先輩が育てたものを頂きました。なにしろ、広大な土地にハーブを育てていますから、「好きなだけ取っていっていいよぉ」のお言葉を頂いていました。

畑というのは、借りている畑のことです。畑をはじめて2年が経過。相変わらず、若輩者の私は、先輩からいろいろと野菜を頂く、もらいもの上手です。放っておけないほどの下手っぴ、と思われているとも取れますが…。

【畑仕事】なぜか、育てたものより大きな大根を手にして帰宅する私
市民農園で、野菜作りをして早1年半 月日の経つのは早いものです。12月に入りました。この時季、仕事を終えたらもう外は真っ暗。とても、業後の畑...
【畑仕事】草取りするつもりなんてなかったのだけど、すぐ帰るわけにもいかず…
スナップえんどうの苗を植え付けに 少し前のことです。 秋の間、ベランダでスナップえんどうを種から育ていました。なにしろ、日当り抜群・特等席...

というわけで、セージの葉もいただいて、ドライにしていたわけです。

こうしてストックしているドライハーブたち。これをどう利用しているかと言いますと…、主に冬場の足湯に使っているわけです。

足湯というのは読んで字の如く、足だけお湯につかるわけです。家では洗面器にお湯を入れて足をつけています。お湯がぬるくなったらその都度、お湯を足しながら15分とか20分。寒い冬の夜、就寝前にこれをすると足がホカホカ温まり、気持ちのよい眠りにつくことができるのです。

この時、お湯の中に一掴みのドライハーブを入れると香りがたって、これまたとても気持ちがいいのです。冬の夜のお楽しみなわけですが…。実は2月も半ばになったというのに、ドライハーブが全然減っていません。

そうなのです。この暖冬で、足湯をほとんどしないで過ごしてきました。さて、減らないドライハーブたち。どうやって消化してあげるべきか…。試案中です。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へにほんブログ村