色の悪い葉はカット。フレボディウム ブルースターならすぐに葉がでます

青い葉色が美しいフレボディウム ブルースター

青白くて、カサカサした葉が美しいフレボディウム ブルースター。梅雨の今。雨そぼ降る日に、ベランダに出してあげると、とても喜びます。(と感じます)

フレボディウム ブルースター

それが、翌日にいきなり猛暑になって、これまた室内に入れ忘れてしまった日は、かなり焦ります。やってもうた…と。強い太陽光にはめっぽう弱い、青ちっろい葉です。

フレボディウム ブルースター

強い太陽光にあたりすぎるとどうなるか。と言いますと、焦げます。葉色があっという間に悪くなります。また、水不足だと葉先が枯れます。ついでに、老化の葉は青みがなくなって緑色がかってきます。

そんな時はどうするか。

以前は、名残惜しげにそのままにしていましたが、最近は、葉色の悪くなったものは、バッサリカットします。何故って、フレボディウム ブルースターって、とても強いから。

そういえば、このフレボディウム ブルースターは、1年前に株分けして半分サイズになったのですが、あっという間にボリュームが戻っています。ほんと、強いです。

フレボディウム ブルースターの株分け
鉢植えの植物は、植え替えが必要です 我が家にフレボディウム ブルースターが仲間入りして、2年半が経ちました。現在の鉢は8.5号鉢。地上部の...

そうなのです。今の時季、どんどん新しい葉を出してきます。

フレボディウム ブルースター

どんどん。

フレボディウム ブルースター

なので、綺麗を保つためにも、葉色の悪いものは切っています。なにしろ、丈夫です、フレボディウム ブルースター。

にほんブログ村

pickupオススメの観葉植物は何ですか?と聞かれて選ぶ1鉢【その1】
pickupフレボディウム ブルースターの育て方