会社の緑のカーテン、何の苗かがようやく判明

緑のカーテンに求めるものは、機能性と収穫

会社で、自称 園芸部長をやっています。

主な仕事は、鉢植えの球根や花の苗、メダカの水槽の水草がしおれてくれば新しい水草を買ってきて、福利厚生費で落としてもらいます。また、会社周りに雑草が生えいるのを見つけると、反射的に抜きたくなって(抜いて)います。

でも、9割がたの仕事は、日々の植物への水やり。

鉢植えを、屋外の西日のあたる位置に置いているので、毎日の水やりは欠かせません。というわけで、休日だって水やりに来たりもします。

そうして育ててきたのが、緑のカーテン。そうです。今年も作りました。

緑のカーテン

これまで毎年のように、ゴーヤパッションフルーツ等を育ててきました。お察しの通り、緑のカーテンは、その機能性と共に、収穫性も重要な要素となっています。

【ゴーヤ】の緑のカーテン、9月の今はこんな感じ
会社で育てている【ゴーヤ】の緑のカーテンです。 室内から見ると、こんな感じ。(↓) 涼しそうでしょ!??? 通常、昼間はこの...

では、今年の緑のカーテンはと言いますと…。実は、つい最近まで、何が実るのか分からずに水やりをしてきました。

というのも今年、苗を準備したのは、会社社長の奥さんでした。何の苗を購入されたのか、聞きましたが、奥さんの答えは「豆」。豆としか、わかっていませんでした。

その後、花が咲く様子もないし、もちろん「豆」が実る姿もみられません。最近では、窓からの強烈な光を和らげ、少しでも涼しくなる(あるいは、涼しげに感じるよう)緑のカーテンが機能しただけでよしとしよう、という域まで期待値が下がっていました。

それがですね。ある日、とうとう、見つけました。「豆」が実っているではありませんか。

緑のカーテン

ビローンと長い「豆」。これって、ジュウロクササゲですね。

よく見ると、花芽も見つけました。

緑のカーテン

というわけで、今年も緑のカーテンは、機能性と共に収穫もできました。この先、もうしばらく収穫が続きそうです。満足のいく、合格ラインじゃないでしょうか。

園芸部長として、「ほっ」っと胸をなでおろすのでした。

ジュウロクササゲ

そして、収穫したジュウロクササゲは、翌朝の味噌汁の具となりましたとさ。

にほんブログ村