【旅】中央フランス、モンペロウ(MONTPEYROUX)まで散歩

自称、フランスでもっとも美しい村のひとつ

(2019年夏旅の備忘録です。お付き合いください。)

【旅】夏休みはフランスへ、出だしから波乱万丈
夏休みは、波乱万丈な幕開け (窓の外を指さして) 「すッすみません~!! 私の荷物がまだ積まれてませんがぁ」 ことの始まりは… フラン...
【旅】中央フランス、クレモン フェラン(CLERMONT-FERRAND)散策
2019年8月。夏休みをとって、フランスにやってきました。 出だし、フランスまでのフライトはハプニング続出。疲労困憊の中、36時間かけ...
この日の計画は、村のパン屋でパンを買い、水を汲んでモンペロウ(MONPEYROUX)の村まで歩くこと。それなのに、出だしから計画がくじかれる。村のパン屋がお休み(理由は不明)。

なので、駅の自販機でパンを買うことに。この自販機のパンは、村のパン屋が朝、焼いたもの。(なのに、パン屋は休み…)買い方がちょっと複雑そうだったので、マダムに教えてもらい、無事ゲット。1ユーロ。

このパンの美味しいこと…。「おかずなし、白ご飯だけでモリモリ食べれるよ」のフランスバージョン。それが、パンだわ…とつくづく実感。

パンがうまい

パンをかじりながら、目指すのは、川向こうの村、モンペロウ(MONPEYROUX)。自称、フランスでもっとも美しい村のひとつ

目指すは川向こうのMONPEYROUX

クウド(Coudes)の村でミネラルウォーターを汲んで、いざ出発。ところでこの水、微炭酸&鉄分を多く含んでいるので、初めて飲んだ時はかなりビックリした。でも、癖になる味。水筒で冷たさをキープしておく。

水を汲んで出発

テクテク歩いている途中、出会ったフランス人御年輩カップルとお話ししてモンペロウ(MONPEYROUX)までの道順を確認。別ルートもあることを教えてくれたけれど、その仏語をしっかり理解できなかったのが残念。(帰路、理解できた範囲で行こうとしたけれど、叶わず…)

お、確かに見えてきた。

目指すはMONPEYROUX

途中、実っているプラムをかじりながら、ぷらぷら。なんだか、やっていることは日本と同じ、散歩。

実っているプラムをかじる

モンペロウ(MONPEYROUX)に到着。1年ぶりにまた来れたことに感謝。

【旅】久しぶりの個人旅行は、中央フランス(前半)
夏休みを、中央フランスで過ごしました 以前、バックパッカーで各国を旅する暮らしを何年かしていました。その後、縁あって定職につき、今に至って...

この歴史ある時計がフォトジェニック。

MONPEYROUX

あ、目があった。

MONPEYROUXのネコ

帰りも徒歩でこの日は、20,000歩で終了。

※フランス語のアクセント記号は、省略して掲載しています。また、地名等の日本語読みは私の独断であるため、実際の音や他所での日本語読みとは少し違う場合があります。
にほんブログ村