クリスマスローズは、メリクロン苗派です

今、育てているクリスマスローズ、3種です

クリスマスローズ

手前から
【アシュード ホワイトシフォン】アネモネ咲き セミダブル 4号鉢。
【ブラックパール】黒の一重咲き、5号鉢。
【ヘレボルス】八重咲き、5号鉢。
どれも、メリクロン苗です。

私、基本的に

  • デジタルよりは、アナログ派
  • モダンよりは、アンティーク派

なのですが、クリスマスローズに関しては、

  • 実生苗より、メリクロン苗

で選びました。

メリクロン苗は、親株の細胞培養でできていますから、親と同じ色形の花が咲く安心感があります。なので、手元に届くまで実物が見れないネット購入には安心です。

とはいえ、花が咲いているのを実際に見て選ぶなら、種子から育てる実生苗でもいいですね。(本当は、自分の目で見て選びたいアナログ派ですから。)

クリスマスローズは、まだ若い苗であってもそれぞれに個性が出ているそうです。
花の色・形はもとより、

  • 花が下向きについていたり、顔を上げていたり
  • 茎が太い子、細い子
  • 背の高い子、低い子
  • 若い頃の個性は、大きくなってもだいだい引き継がれていくのだとか。

なので株を見るときは、そういった個性も踏まえて選ぶのだそうです。
確かに、うちの子もすでに個性が出ています。

クリスマスローズ【アシュード ホワイトシフォン】

【アシュード ホワイトシフォン】
この子はまだ小さくて、計り知れないのですが、
どっしりとして茎が太そうです。

クリスマスローズ【ブラックパール】

【ブラックパール】
背が低く華奢な姿ですが、花数が多そうです。
花芽がぐんぐん上がってきています。
花の咲き方は、下向き。

クリスマスローズ【ヘレボルス】

【ヘレボルス】
花も大きく、茎も太く、大株になる予感。

花だけ見ていた私は、初心者です。 はい、そうなんです。この先、育てながら勉強したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする