デジャヴュ、冬の夜のお客さん再び

この光景、いったい何度目?

その時、私は夜のビカクシダを撮影しようと、スマホをかざしていました。

どんな角度で撮影しようかな。それにしても、夜の室内は光の加減が難しいね。撮影ごとに画像調整だの、モードの選択などしないからね。(そりゃ、難しいわな)

なんて思いながら、撮影していました。

ビカクシダ ビフルカツム

そしてふと、きづいてしまったのです。スマホのカメラ越し、ビカクシダの奥に写り込む不審な壁のシミ。

ビカクシダ ビフルカツム

ん? なんだ、あれ???ズームイン。

カメムシのお客さん

あ、カメムシ再び。

冬の夜のお客さん
冬の夜、部屋に響く不信な羽音 今日1日を無事に終え、美味しくご飯がいただけて、穏やかな夕べの時間を過ごしていると…。プ~ンと、なにやら不信な...

やっぱり今日も、こんな状況が昼間に繰り広げられていたようです。

ベランダに出した植物の鉢。そこにカメムシがプ~ンと飛んできて、羽を休めていました。そして夜、植物を室内に入れたついでに、カメムシのお客さんも招き入れてしまった。

そんな流れ。そして思うことは、

  • それにしても何度め?
  • どんだけ、我が家のベランダにはカメムシが飛来してくるんだ?
  • カメムシのお気に入り植物はどれだ?
  • もしや、カメムシ大量発生中?

等々…。

そして、紙片片手に、椅子によじ登って、カメムシを紙片に誘導し、しがみついてもらって、窓を開け、外気の中でパンッと紙片をはじいて、カメムシを自由の身にしてあげたのでした。

2回目どころでない、デジャヴュ…。

にほんブログ村