【雑誌】「暮らしのおへそ」が今の私にちょうど納まる、と思いました

普段、本は図書館を利用していますが、 雑誌などは、本屋をチェックします。そんな中で、目に留まったのが…

暮らしのおへそ Vol.22 [ 主婦と生活社 ]

表紙の枝付きの柿の写真に秋を感じ、その静かな空気感に惹かれました。そして、ぺ―ジをパラパラとめくると、脚本家 木皿 泉さんの記事がありました。

木皿 泉さんは、和泉 務氏と、妻鹿 年季子さん夫妻の共同執筆ペンネームです。連続ドラマ「すいか」「野ブタ。をプロデュース」など、とても魅力的な脚本を描かれます。

小説「昨夜のカレー、明日のパン」も、2017年お正月の新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」もステキでした。

※どちらも、大好きです。

どれも、ささやかな日常の中のちっぽけだけれども、愛おしい瞬間や滑稽な瞬間、 飾らない人々の特別な普通を描いています。

その脚本家2人の記事が読みたくて暮らしのおへそ Vol.22 [ 主婦と生活社 ]を購入しました。 本誌には、他にも沢山の人の暮らしの中のおへそ(=習慣)が、出てきます。

  • 流行よりも心地よさがおしゃれの基準
  • そのまんまでここにいてよし
  • いちばん大切なのは「今」ですから
  • 確かな食材を選ぶ

これらは、本誌に登場する人たちの おへそ(=習慣)を紐解くキャッチコピーですが、なにやら響いて共感しました。それが今の自分に、ちょうどうまく納まるものなのでしょう。

丁寧に読みたい、丁寧に作られた暮らしのおへそ Vol.22 [ 主婦と生活社 ]です。

暮らしのおへそ

【食事の記録】
とある日の食事

  • 野菜たまごサンド(自家製パン、バター、オムレツ、みょうが、人参、豆腐マヨネーズ、粒マスタード)
  • プチトマト

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする