Profile

子供の頃

子供の頃から、植物や自然が好きでした。「庭仕事って、気持ちが落ち着くわぁ…」と思いながら、熱心に草取りをしていたような子供です。

また、親には内緒で、飼い犬と一緒に裏山に入ることも好きでした。嬉々として山道を散策する犬の姿。それを目で追いながら私は、「山の自然はとてつもなく美しいな」と思いました。その半面、何か起きたらあっという間に飲み込まれるだろう怖さも感じていました。それは、人と出会うことよりも、山の住人と遭遇する可能性や、谷や崖という山の牙です。それでも、山には入っていました。小学生の頃です。

20代は大きな転機でした

20代初めに、ワーキングホリデーを使いオーストラリアに渡りました。そこで私は、コアラやエミューに会うより先に、バックパッカーの師匠と遭遇したのです。この出会いが、30代初めまで続くバックパッカーの原点です。

バックパッカー時代は、タイのバンコクを拠点に東南アジア、インド、ネパール等を旅し、フランスにたどりつきました。

旅する中で、私は各国の大自然に魅せられました。完璧なまでに透明な海、8,000m級の山々、インダス河と砂漠、ガンジス河の源、地中海の青…。そして沢山の人との出会い、見た景色、感情…。そうした経験は今、私の身体に浸み込んで、大切な財産になっています。

ところで、定住の地を持たない旅人の寂しさをひとつ挙げるとすれば、(私にとっては)好きな植物を育てることができないことでした。どんな国でも植物を育て、愛でている人がいます。そんな人の姿や、個人宅の庭、レストランの植栽を見る度に、羨ましくも切なくなったものです。

そして今

現在は、岐阜県で暮らしています。私が住む地域は、春になるとウグイスが鳴き始め、夏にはツバメが飛び、カブトムシが玄関先まで飛んできます。夏のセミの声が終わると、秋の虫が鳴いて季節を知らせます。自然が身近なこの地で好きな植物の世話をして、季節の味覚を堪能する。そんな生活をしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする