ビカクシダ、いろいろな種類があります。選ぶならよく吟味してね

ビカクシダは、種類豊富で個性満載

なんとまあ、気持ちのいい青空の朝。朝から窓をめいっぱいに開けて、部屋の空気を入れ替えすると気持ちがいいですね。

ビカクシダ ビフルカツム

最近の、我が家のビカクシダ ビフルカツムです。お役目を終えて、枯れ始めている古い胞子葉があります。それらは、だんだん茶色く枯れてきて、ある日、バッサと落ちます。

夏の間中、成長していた貯水葉は、まだまだ成長途中です。最近では、成長のリズムが分からなくなりました。というか、気にしなくなりました。もうね、好きなように成長してくれていいです。

ビカクシダ ビフルカツム

私が育てているのは、もっとも出回っているビカクシダ ビフルカツムですが、最近は、ほかの種類もたくさん、普通に出回っていますね。例えば…、

リドレイ

リドレイは、人気者ですね。私も持っていました…。でも、落として芽を折ってダメにしました…。姿の美しさが魅力です。


“リドレイ・Sサイズ” platycerium “ridleyi S size”  高さ約 20〜25cm 幅約 15cm【観葉植物】ビカクシダ(コウモリラン)

ウィリンキー

育てやすいオセアニア出身もの、ウィリンキー。この、しだれる胞子葉が魅力ですよね。


“ウィリンキィ ”platycerium “willinckii”  高さ約 40〜60cm 幅約 18-22cm【観葉植物】ビカクシダ(コウモリラン)

キシャク(リドレイ×コロナリウム)(別名キッチャークード)

胞子葉がキレイに枝別れして美しい…。2鉢目のビカクシダに欲しくなるタイプです。

☆【現品・現物】コウモリラン・キシャク(リドレイ×コロナリウム)(別名キッチャークード)(リドコロ) (ビカクシダ・キシャク)6号吊鉢 1番2番

ヴェイチー

胞子葉が細くてスマートな姿ですね。


“ヴェイチー” platycerium “veitchii”【観葉植物】ビカクシダ(コウモリラン)

シルバーウィングス

細葉が魅力ですね。インテリア映えしそうです。

“シルバーウィングス Sサイズ” platycerium “Silver wings (willinckii x veitchii cv. Silver Frond)”サイズ 高さ約 40-50cm: 幅約 15cm【観葉植物】ビカクシダ(コウモリラン)

ウィリンキィ×ヴェイチー

ウィリンキィと、ヴェイチーの交配種です。こうして、魅力ある者同士を掛け合わせることで、ビカクシダの魅力がますます広がりますね。

“ウィリンキィ×ヴェイチー” platycerium “willinkii x veitchii silver”【観葉植物】ビカクシダ(コウモリラン)

ビフルカツム

そして、私が育てているのがこのビフルカツム。もっともポピュラーなタイプですね。ちなみに私、こちらのお店で購入しています。

丈夫で育てやすく、難なく増えます。


【bifurcatum】 コウモリラン 【ビカクシダ】  【送料無料】

そうなのです。増えます。

まずは見てください。ベランダに吊るしている我が家のビカクシダは、通風パネルにくっつけています。そして背面は、ボルトとナットで少し隙間を作って浮かせています。

ビカクシダ ビフルカツム

清水 通風パネル 200×400
なぜか、と言いますと…。背面で子株が育っているのです。

ビカクシダ ビフルカツムの子株

これ、初めてではありません。植物だって、子孫を残そうと頑張っています。だから、育てていれば自然、増えます。

そして、こんな可愛い姿を目にして、無下に摘み取ってしまうなんて…、できない私です。きっと、いえ、どうしたって、ビカクシダに対する贔屓目でもって、この子株を育てることになるのです。こうして、子株が芽吹く度に、その鉢数は増えるわけです。

とういわけで、家中をジャングルにしたい方や、増えた植物をお嫁入りさせる先のある方はともかく、どうぞよく吟味して、お気に入りのビカクシダを見つけることをオススメしますよ。増えますから。