引っ剥がしてダメージ受けたビカクシダの子株、復活には時間が必要です

育てているのは、ビカクシダ ビフルカツム

現在、我が家にはビカクシダ ビフルカツムの株が2株あります。一つは、こちら。

ビカクシダ ビフルカツム

お店で購入した株です。2013年の秋に、ネットで購入しているので、3年半経ったことになります。

この株、通風パネルに付けていますが、ある時、この通風パネルの後ろから子株が育ち始めました。その子株をはがし取って、育てているのがもう一つの株というわけです。

子株を親株から引っ剥がしたのが2016年4月。当時の子株はこんな感じでした。

胞子葉がチョロンと出ています。この胞子葉のその後の成長を思った時、「このままではいられない」と私がおののいて、親株から切り離すことを決断したわけです。引っ剥がし作戦は、なにしろもう、大変でした。

【ビカクシダ】子株を親株から切り離そうと奮闘している私の話
なんだか、無茶な気がしてきたわ… と、半泣きが入っている私は、【ビカクシダ ビフルカツム】の子株救出作戦の只中でした。 日頃から...

とにもかくにも、切り離した子株です。それを盆栽鉢に植えて育てきました。今年3月の様子はこんな感じです。

ビカクシダ ビフルカツムの子株

そして、今の様子はこんな感じ。

ビカクシダ ビフルカツム

子株救出大作戦(親株から引っ剥がす作戦)から1年ちょっと、経ったわけです。もっと、寄ってみます。

ビカクシダ ビフルカツム

貯水葉が苔むしてきました。とはいえ、胞子葉を何枚も出しています。数えると、6枚目が出始めている感じ。

何しろ、親株からはがし取ったダメージがありますから、その回復には時間を要します。なんともじっくり、時間をかけての回復です。

でもあんまり結果を急いて、育ちの早いことを期待しても面白くありませんから、このくらいのスローテンポでよしとします。盆栽を育てる時間軸ほどゆっくりではないので、十分です。

胞子葉が増えてきているし、この夏にまた変化を見せてくれるかな?と期待しつつ、見守っているところです。というわけで、世話焼くより、見守りが得意な私です。

ちなみに、我が家のビカクシダは、こちらのお店で購入しましたよ。

pickupなぜ、マルカメムシは我が家のビカクシダに集合したのか
pickupオススメの観葉植物は何ですか?と聞かれて選ぶ1鉢【その2】

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする