上高地(長野県松本市)を散策して、フィトンチットたっぷり吸いました

上高地散策

台風19号の本州上陸を気にしつつ、3連休初日に、長野県松本市の上高地へ行ってきました。

ご存知の方も多いと思いますが、上高地は中部山岳国立公園の一部で、山岳景勝地です。入場は、マイカー規制でシャトルバス代が高いのが「たまにきず」ですが、河童橋から見る3,000m級の穂高連峰と、梓川の景観は「美しい」の一言です。

紅葉には少しばかり時期尚早でしたが、明日以降の台風によっては「紅葉の前に散ってしまうだろうね」とは、宿のご主人談。定番画像ではありますが、上高地を少し記録します。

上高地

定番撮影スポット 河童橋から見る穂高連峰と青空。

上高地

気になるのは、(やっぱり)水中の植物(水草)たち。

上高地

そして、梓川左岸道から見た明神岳と雲ひとつない空。

上高地

どうしたって気になるのは、こんな木の根の美しさ。
あたり一面、森林の香り(フィトンチット)が強烈で、癒されました。

上高地

明神池(二之池) 水面には向いの山や空がクッキリ。

別世界に浸って、リラックスできました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする